「笑顔で光って輝いて」小林正観

| コメント(1) |

笑顔で光って輝いて

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■小林正観さんの教えは、
 いつも同じなのですが、

 良い言葉を口にしましょうね、
 ということです。


 常に愚痴を言っている人よりは、
 ニコニコ楽しそうにしている人のほうが、
 よさそうですよね。

 そうした人が神様から
 祝福されるのです。


・脳腫瘍であと三ヶ月と宣告されましたが、どうしたら
 いいでしょうか・・・いつでも笑顔を振りまいて、・・・
 「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「愛してる」「大好き
 「ありがとう」「ついてる」(p60)


■でも、こんな状況ではニコニコできないよ、
 ということがあると思います。

 家が流された人もいるでしょう。
 内定を取り消された人もいるでしょう。
 断水している人もいるでしょう。(オレか)


 家が流された・・・・・・家を新しくできる。
 内定を取り消された・・・就職前でよかった
 断水している・・・・・・水のありがたみがわかった

 そうした状況の受け取り方で
 人間の差が出るということです。


・初級・・嬉しい楽しいと思う現象について、感謝ができる
 中級・・あたりまえと思う現象について、感謝ができる
 上級・・不幸と思う現象について、感謝ができる(p50)


■そういう意味では、
 人間というものは「考え方」を変えることで、
 すっかり人生を変えることのできる
 可能性を持った動物なのかもしれません。

 まだの方は、
 この本をきっかけに
 ちょっとだけ「考え方」を
 変えてみてはどうでしょうか。

 小林さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・神社仏閣はお願いごとをするところではなく、
 自分がいかに恵まれていてありがたいかを
 伝えるために、「ありがとう」とお礼
 言いにいくところです(p62)


・ドイツで生まれた、ゲーテという詩人がいます・・・
 彼は、人間観察をし続けた結果として
 「人の最大の罪は不機嫌」と書き残しました(p260)


・「皆さん、待っていてくださってありがとう」・・・
 主催者の方は「皆さんお待たせしてすみません」と
 謝ると思っていたそうです・・・(p109)


・人生の後半は、物ではなくて「人」。
 ・・よい友人が手に入ったら、これからの
 人生がとても楽しいものになっていきます。(p93)


・お釈迦様は、このように言いました。
 「・・・よき仲間を得るということは、
  闇の中で迷ったときに、手を引いてくれる
  友人がいる。闇を照らしてくれる友人がいる。
  それをよき仲間と言う」(p92)


笑顔で光って輝いて
笑顔で光って輝いて
posted with amazlet at 11.04.16
小林 正観
実業之日本社
売り上げランキング: 12045


【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)