本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「売れる&儲かる!ニュースレター販促術」米満 和彦、高田靖久

2009/07/14本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(88点)


内容と感想

■最近、レストランを使うなら
 ハミングバードを使っています。


 その理由は、・・・
 オーナーを知っているからです♪
 (ここの朝礼はすごいんですよ)


・パーソナル情報を公開し、親近感を得る(p123)


■こうしたより親近感を持ったお客さまを作る
 ツールが、ニュースレターです。


 ニュースレターでは、折込チラシのように
 売り込みはしません。


 あくまでもこだわりの商品を説明したり、
 商売に協力してくれるスタッフを
 紹介するわけです。


・特にお客様に人気のあるのが、「女将さんコラム」と「スタッフ紹介」コーナーです。(p79)


■この本の本当の価値は、他社のニュースレターが、
 10枚も入っていることでしょう。


 そして、それをベースに
 ニュースレターの書き方、ポイントを
 教えてくれるわけです。


 これだけで1万円、もしコンサルタントが来社したら
 10万円取られるかもしれません。


・「読書の声コーナー」は、コンテンツのなかでも非常に精読率の高いコーナーとなります。(p136)


■実はこのメルマガもニュースレターのような
 ものなのかな・・・と思いつつ、
 本の評価としては、★4つとしました。


この本で私が共感したところ

・私の自宅の近くに、一軒の居酒屋があります。・・・との店長と目が合いました・・・こんなときに、ニュースレターが届いていれば、そこから話題を見つけるのに(p190)


・お客様の頭のなかに、あなたの店の名前を思い出していただかなければ、選ばれる可能性は極めて低くなります。(p51)


・割引のダイレクトメールばかりを続けていくと・・・『あの店では、まともな値段で食べるのはもったいない』とさえ思うようになる(p55)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(88点)



著者紹介

 高田 靖久(たかだ やすひさ)・・・「顧客管理士」事務所 3×3JUKE(インフィニティイノベーション株式会社)代表取締役。1971年生まれ。元東芝ITコントロールシステム(株)所属。顧客管理システムグループ責任者。売れない営業マンから、「給料の五分の一」を自己投資。短期間で、売り上げ拡大する顧客が続出。現在は独立し、このノウハウを飲食店や美容院を中心に、お店の「顧客戦略立ち上げの支援」や「販売促進のサポート」を行っている。


 米満 和彦(よねみつ かずひこ)・・・1969年生まれ。大学卒業後、(株)ゼネラルアサヒ入社。2001年独立。ザッツ!代表。メルマガ「平成不況の最強販促!"売れる"ニュースレターの秘密」発行。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: