本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「最初から「100回客」を集める方法」高田 靖久

(2020年10月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(95点)


内容と感想

■ニュースレターで顧客との関係を深める
 集客コンサルタントが、さらに
 バージョンアップしたようです。


 これまでは一見客をダイレクトメールや
 メルマガでファンにする方法でしたが、
 この本では新しい集客に焦点を
 当てています。


 それは社員によるポスティングです。


 既存客には名前付きのニュースレターを
 配布し、そのついでに、その周辺の家に
 ポスティングしていくのです。


 実は、クリーニング店や単価の安い
 お店では、ニュースレターの郵送コストが
 制約となっており、それを打開するのが
 ポスティングだったという。


・常連客向けのニュースレターには、あえてお客様の名前を書いてお届けする・・・お客様からすごく喜ばれるというのだ(p148)


■チラシを戸別に配るポスティングというと
 どこにでもある販促法のように感じますが、
 どこが違うのでしょうか。


 それは価格の安さや特売をPRするのではなく
 こだわりの技術やオーナーの思いを込めた
 チラシを、社員が配るのです。
 それを何年も続ける。


 なるほど!
 チラシを極めるのですね。


 ある大富豪がチラシのポスティング
 ひとつにもノウハウがあり、
 カラーのチラシをばらまく前に
 自分で試行錯誤して眼力をつけないと
 カネをドブに捨てることになるよ、と
 言っていたことを思い出しました。


・「ポスティングをしている行為自体に効果がある」・・・なぜなら、「一所懸命配っている姿を見たからお店に来てみたよ」というお客様も多くいらっしゃるからだ(p172)


■著者はニュースレターによる販促から
 試行錯誤を繰り返し、手作りチラシの
 自前ポスティングにたどり着いたのです。


 インターネットの時代となり
 そもそもポスティングすらしていない
 お店が多いのではないでしょうか。


 そういえばと思い、
 実際に我が家のチラシを見ても
 クリーニング店や美容室の
 チラシを見たことがありませんでした。


 最近は店舗にオーナーの想いを
 大きく書き出している飲食店もあり、
 ポスティングに限らず
 お店の「価値観」を伝える大切さは
 今後も大きくなっていくのでしょう。


 「価値観」による販促が
 さらに進化したということで
 ★5としました。


 高田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・新ポスティングシステムの狙いは、安さを伝えることではない。価値観を伝えることだ(p163)


・ポスティングを業務に組み込む(p145)


・どんな人が、・どんな技術で、・どんな思いで、お店をやっているのか、それを伝え続ける(p57)


・「この高い商品を使っている理由」があるはずだ。その知識にお客様が達すれば、同じように高い商品を買っていただけるはずだ・・・あなたがその深い知識を「伝え続ける」のだ(p114)


・価値観で集めたお客様は、8割以上がリピーターになっていく(p41)


・安さを売りに集めた客は、次も同じくらい安くしないと来ていただきにくい。なので、お客様が定着しない(p25)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

高田 靖久、同文舘出版


【私の評価】★★★★★(95点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

1章 ネット集客の落とし穴 間違った新規集客方法
2章 新規客が集まらない「3つ」の理由
3章 売上半減の業界から生まれた新規集客方法
4章 「100回客」をザクザク集める方法
5章 バリューレターの使い方


著者紹介

 高田 靖久(たかた やすひさ)・・・大手IT企業にて20 年間、美容院・飲食店を中心とした、顧客管理ソフトおよび顧客戦略支援ツールの商品企画・販売に携わる。営業および店舗経営ノウハウをツール化して既存クライアントに提供したところ、前年比300%アップなど、売上拡大するお店が続出。現在は独立し、美容院・サロンや飲食店、クリーニング店、寝具店、ガソリンスタンドを中心に、お店の「顧客戦略立ち上げの支援」や「販売促進のサポート」を行なっている。顧客戦略支援ツールおよび顧客管理ソフトの販売・導入実績は1800 店舗を超える。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: