本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「マネーロンダリング」橘 玲

2008/12/22本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■「ゴミ投資家」シリーズで有名な橘さんの
 サスペンス推理小説です。


 橘さんの「ゴミ投資家」シリーズは、
 弊誌で紹介するつもりはありませんでしたが、
 小説にすると、一転、人を突き放したような
 橘さんの文体が生きてきます。


・金は、生きているうちに使うもんだ(p171)


■香港を舞台に、
 脱税をしようとする人と、
 それを助ける人。


 そして、日本のヤクザと中国人社会の
 裏を描写することで、「これって本当?」
 というくらいリアルな小説になっています。


・タックスヘイヴンはもともと観光くらいしか資源のない貧しい国で、世界中の金持ちの"脱税幇助"が最大の産業なのだ。(p100)


■脱税指南ではなく、
 サスペンス金融小説として
 ドキドキ読めましたので、
 ★4つとします。


この本で私が共感した名言

・香港上海銀行本店はイギリス最大の金融コングロマリットHSBCグループの旗艦店舗で、十八世紀から続く大英帝国による東アジア植民地経営の象徴でもある。(p13)


・紹介者の面子を潰せば、香港社会では生きていけない。これが香港のビジネスを支配する鉄の掟で、逆にいえば、自分とは関係ない人間には何をしてもいいということになる。(p132)


・日本では、個人情報も、金さえ出せば簡単に手に入る。・・・電話の番号から契約者名や契約者住所を調べる料金は四万円。・・・住民票や戸籍の調査は八万円から十万円。(p202)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(84点)



著者紹介

 橘 玲(たちばな あきら)・・・作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設のメンバー。2002年、金融情報小説『マネーロンダリング』でデビュー


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: