本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「仕事師たちの平成裏起業」溝口 敦

2007/07/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事師たちの平成裏起業 (小学館文庫)

【私の評価】★★★★☆(88点)


●テレビを見ると、振り込め詐欺、高利貸し、
 総会屋、マフィア、カルト集団などで
 生計を立てている人たちが
 いることがわかります。


 テレビでは
 「実際の儲けの構造はどうなっているのか?」
 というのはわかりません。


 しかし、この本でわかります。


●振り込め詐欺は、いまも活動しています。


 うまくやれば、金を払った人が
 詐欺に会ったとわからない場合もあるのですから、
 表に出ているのは氷山の一角なのでしょう。


 ・振り込め詐欺・・・警察に捕まっても、
  吐かない、罪を上に及ぼさないと
  信用できる人間を引き下ろし専門で雇っています。
  この人間に1回20万円くらいずつ、
  小口で何度も引き出させる。(p29)


●消費者金融のグレーゾーン金利は
 撤廃される方向ですが、
 これで裏金融はさらに儲かるでしょう。


 儲けのコツは、10万円以下の小口で貸すことのようです。
 10万円を踏み倒すために逃げる人は少ないのです。


 ・トイチ金融・・・貸すのは5万から、
  多くても10万円まで。・・・
  簡単に身元や名前を確かめた後、
  市販の借用書に署名させる。・・・
  利息は前払いだから、10万円の貸金でも
  利息、書類代、紹介料の各1万円、計3万円を引き、
  実際は7万円しか渡さない(p35)


●また、圧力団体で食べている人も
 いるようです。


 差別撤廃、環境保護など理由をつけて、
 企業・行政組織からお金を引き出すわけです。


 ・暴NPO・・・カネになるのは
  環境保全と消費者保護だね。
  企業や行政のやっている事業や
  工事、製品に文句をつけやすい・・・
  圧力団体になれることでカネが発生する(p84)


●その他にも出会い系サイト運営、
 偽バイアグラ、偽造カードなど
 犯罪の儲けの仕組みがこの本でわかります。


 裏から見ると世の中が見えてくる。
 興味深く読みましたので、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・保証人提供屋・・中国人、イラン人は事故率最悪です。
  当初から扱わないようにしてきた。
  一般的にムスリム、ユダヤ教関係の国が悪く、
  スリランカやミャンマーなど仏教国はそれほど悪くない。
  コロンビアやペルーなど、中南米の国も悪い。(p43)


 ・中国エステの内装は中国人の内装屋がやる。
  内装屋は工事に使う材料なんかにカネを出さず、
  日本の業者が道に出している材料を
  トラックで盗んでくる。
  だから工事費が安く(p132)


 ・ニコイチ屋・・・盗難車に別の車の車検証をつけ、
  堂々保険も掛けられる正規の車に仕立て、
  安値で販売する。・・・車台番号や
  コーション番号などを打ち替えるわけです(p221)


▼引用は、この本からです。

仕事師たちの平成裏起業 (小学館文庫)
溝口 敦
小学館
売り上げランキング: 83374
おすすめ度の平均: 4.5
5 裏業界
4 頭いい人が書いた本
4 もっと斬新さが欲しかったです。

【私の評価】★★★★☆(88点)



■著者紹介・・・溝口 敦(みぞくち あつし)

 1942年生まれ。
 早稲田大学政経学部卒業。
 暴力団や中国マフィアなどの犯罪組織から宗教、
 食の安全まで丹念な取材で幅広くレポートを発表。
 2003年「肉食の帝王」で講談社ノンフィクション賞受賞。
 「池田大作・権力者の構造」「あぶない食品」ほか著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: