本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「闇経済の怪物たち」溝口敦

本のソムリエ 2019/05/09メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

闇経済の怪物たち (光文社知恵の森文庫)


【私の評価】★★★★★(92点)


要約と感想レビュー

 通勤途中に、プレゼントで老人を集めて健康器具を売っている店舗がありました。しばらくすると、店は消えていました。こうしたグレービジネスが儲かるらしい。この本では、出会い系サイト、デリヘル、闇カジノ、オレオレ詐欺などのグレービジネス(一部は違法ビジネス)の実態を教えてもらえます。


 商売別の売上と経費の比率が紹介されているのが興味深い。例えば、出会い系サイトでは15%が利益となり、一番の出費はサクラへの支払いです。出会い系で本当に素人と出会えると思っている人は、世の中を知らないカモなのでしょう。


・出会い系サイトに関わる経費だが、サクラのフランチャイズ代が40%、広告費が18%、システム代が月6%、名簿代が5%、決済費が1%、出会い系本体の従業員人件費が15%、残り15%が会社の利益という・・月1億5000万円を売り上げ(p55)


 驚いたのはオレオレ詐欺は、高利の闇金融から派生したということです。闇金融は10日で1~10割の利子を取る違法な高利貸です。闇金融はシステム金融とも呼ばれ、高利の支払に困った客を仲間のより高い闇金業者から借りさせ、これを繰り返して高金利を得ています。10日で5割とすれば、1億円が10日で利子5000万円。無事回収できたとすれば、1カ月で1億5000万円になるという高収入の商売なのです。


 さらに、どうせ違法なのだから借りていない人からも金を集めてもいいじゃないか、ということで闇金融組織の中からオレオレ詐欺で金を回収するグループが出てきたらしいのです。高齢者が増えてきて、認知症の人も多いので、カモにする人を探すのには困らないのでしょう。


・昇進を判断する基準は数字・・・店長連中が貸付金の回収だろうと、他の名目の振込だろうと、カネはカネだということで、カネを貸し付けてもいないところからカネを引っ張った。オレオレ詐欺です・・・オレオレ詐欺は、回収率アップを原動力としてヤミ金から自然発生した。「ヤミ金=システム金融」が「オレオレ詐欺=システム詐欺」に換骨奪胎されたのだ(p197)


 風俗やギャンブルが儲かるように、グレービジネスも儲かる高収入ビジネスなのだと思いました。逮捕される可能性があるのですから、それなりに儲からないとやる意味もないのでしょう。


 また、違法ビジネスを行っている人が、俺が嵌めなければ、他の人が嵌める。だから罪悪感はないと、言っていました。私には他人を不幸にしてまで金を取ることはとてもできないのですが、気にしない人もいるのですね。溝口さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・氏のヤミ金は成功し、300店舗、従業員1300人を数えるまでに肥大した・・「店員」は月給40万円からスタート・・「番頭」で、役回りは店長補佐。月給は200万~300万円。「店長」の月給は700万~800万円。その上が「統括」といい、月給1000万円が基本で、統括する店舗数で割り増しがついた。その上が「総括」で月給が5000万円。さらに上が「社長」になり、月給が1臆5000万~2億円。その上が3人から成る側近の「幹部」で月給2億~3臆円。その上が本藤氏本人で月収が最低でも2臆~3億円だった(p196)


・ユーザーからの(出会い系サイトの)課金徴収はすべて別会社への銀行振込だから、収入については歴然たる痕跡が残る。が、別会社は架空会社と言ってよく・・この会社のネットバンクには、トバシのWi-Fiを使ってログインし、入金の有無などを確認する・・・できるだけ銀行のATMを使うな、コンビニのATMを使え、コンビニ店員の方が対応が遅く、逃げ出せるチャンスが多いからとも指導している(p54)


・闇カジノ・・バカラ台2台を置き、1日平均売上が2000万円、店の利潤が150万円という。雇用はディーラーが5人、他に店長、キャッシャー、黒服、女の子が各1人ずつ。客への食事、酒代は無料。地元のヤクザに月100万円のみかじめ料を払っている(p112)


・イカサマが多いのはマンション・バカラです。目当ての金持ち1人を完全に嵌めるため、マンション・バカラに誘い込む(p119)


・アダルトビデオ制作会社の社長として年間2億円を稼いでいた・・・21歳のとき、知り合いにAVの事務所をやらないかと誘われた・・・彼女の出演料が1本500万円で、一緒に30本の出演という契約を結んだ。計1億5000万円(p166)


・人には好かれて、かつ恐れられろ・・・ヤクザ界の高倉健(p209)


・(ヤクザの)シノギを通して学んだいくつかのルール・・まず朝早く起きて、やりたくないと思った仕事から始める。シノギに当たっては最悪の事態を覚悟する。いろいろな変化や条件を想定しながら仕事に臨む。事を避けようと思ったら、相手に読まれる。避けようと思ってはならない。どんな事態になっても、わが身に引き受ける気持ちがあれば解決していく・・最終的にはお互いウィン-ウィンの関係に持っていくのがベストだ(p227)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

闇経済の怪物たち (光文社知恵の森文庫)
闇経済の怪物たち (光文社知恵の森文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 19.05.08
溝口敦
光文社 (2019-03-08)
売り上げランキング: 109,524


【私の評価】★★★★★(92点)



目次

第1章 「裏」情報サイトの先駆者
第2章 出会い系サイトの帝王
第3章 堅気のデリヘル王
第4章 危険ドラッグの帝王
第5章 日本一のイカサマ・カジノディーラー
第6章 FXの帝王、仮想通貨に挑戦
第7章 六本木の帝王と関東連合
第8章 詐欺の帝王の新事業
第9章 ヤクザ界の高倉健


著者紹介

 溝口 敦(みぞぐち あつし)・・・1942年生まれ。暴力団や中国マフィアから宗教、食の安全まで幅広く調査、レポートしている。ノンフィクションの著書多数。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: