本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「道をひらく」松下 幸之助

(2006年10月16日)|

道をひらく

【私の評価】★★★★☆(89点)


●私は、カセットテープ版の
 『松下幸之助 経営百話』を持っています。


 車で移動するときに、このテープを
 なんども聞いているわけです。


●そして、一番感慨深いのは、
 女性のナレーターが、
 この「道をひらく」にある「道」を
 読み上げることころなのです。


 なんどウルウルしたことか。


・自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない、自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。・・・(p10)


●松下幸之助本人がしゃべっているわけではなく、
 女性のナレーターが話しているのに、
 心に感じるものがあるのです。


 松下幸之助の基本は、
 使命感を持って生きようとうものであり、
 この「道」の語りは、それを最も
 よく表現しているといえるでしょう。


・志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい。(p14)


●本でもテープでも、
 やはり繰り返して読む、聞くことで、
 松下幸之助の心が伝わってくるのだと思います。


 この本も繰り返して読んでいただきたい一冊ですので、
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人より一時間、よけいに働くことは尊い。努力である。勤勉である。だが、今までよりも一時間少なく働いて、今まで以上の成果をあげることも、また尊い。そこに人間の働き方の進歩があるのではなかろうか。(p147)


・命じたからには、これを追求しなければならぬ。どこまでもトコトン追求しなければならぬ。それが命じた者の責任ある態度というものであろう。(p189)


・やっぱり大事なことは、他人の評価もさることながら、まず自分で自分を評価するということである。自分のしたことが、本当に正しかったかどうか、・・・素直に正しく自己評価するということである。(p99)


・こどもの心には私心がない。とらわれがない。いいものはいいし、わるいものはわるい。だから思わぬものごとの本質をつくことがしばしばある。(p46)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★★☆(89点)



■著者紹介・・・松下 幸之助

 松下電器、パナソニック創業者。
 1894年生まれ。1989年永眠


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

最近読んだ本は、松下幸之助さんの「道をひらく」です。

困った時、悩んだ時、頭の中が混乱するくらいに騒然と
している時も、本を読むことで"会話"できるというか、
相談にのってくれるというか、そんな不思議な感覚に
なる本ですね。何度も読み返したいです。

本のソムリエさんの一日一冊を読み始めて、少しずつ
自分が変わり始めていると思います。
ありがとうございます。


同じカテゴリーの書籍: