「人事万華鏡」~こわさというものがなければ、安易に流されてしまう

| コメント(0) |

人事万華鏡―私の人の見方・育て方

【私の評価】★★★☆☆(75点)


しかし先にもいうように人間は
概して易きにつきやすいものである。
厳しく注意されたり叱られたりする、
いいかえればある種のこわさというものがなければ、
ついつい安易に流されてしまう。
こわさがあって、はじめて、
みずからを引き締めて事にあたる
という面もあるのが人間である。


●人を愛する。そして人間というものを理解したうえで、
 その人のために厳しくなれる。


 そこまで真剣に人のことを考え、
 自分の行動に織り込めるのか、
 そういう人間になれるのか。


●私は自信がありませんが、
 それを目指さなくてはならないのでしょう。


人事万華鏡―私の人の見方・育て方
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 482,615

【私の評価】★★★☆☆(75点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)