「一流の上司、二流の上司」吉越 浩一郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

一流の上司、二流の上司: 部下に「好かれる」な、「信頼」されよ (知的生きかた文庫)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■トリンプで19期連続増収増益の
 吉越さんの一冊です。


 奥様がフランス人。


 外資系を渡り歩いてきた人
 だけあって外人的な思考が
 特徴的です。


 ゴーン社長のように
 結果にコミットし、
 それに必要な手を打つのです。


・「締め切り」に厳しい上司の部下は、
 必ず伸びる(p84)


■パワーポイントで作った
 資料などいらない。


 職場の課題は何で、
 それに対していつまでに
 どう行動するのかが大事。


 そして期限までに
 それを実行したのかどうか
 徹底してチェックするわけです。


・危機を察知していたのは、
 私だけではなかったはずだ。
 しかし問題は、その危機に
 どう対処するかだ(p132)


■まさしく結果にコミットする
 吉越さんらしいと感じました。


 外資系とはいえ、
 カイゼン、真似る、現場を見る、
 といった仕事の基本は
 共通するものが多いのです。


 吉越さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・厄介だろうが、複雑だろうが、難しかろうが、
 その問題解決のためにあらゆる手を
 打つ
のが上司の役割である(p51)


・リーダーは、積極的に
 「現場」に入るべきだ(p57)


・部下に勝手なことをされた時点で、
 それは、上司の責任だ(p65)


・上司が「考える」のではなく、
 部下に「考えさせる」(p80)


・重要なのは、担当の部下がベストと
 考える案を持ってこさせ、
 それに対して、上司が指示・修正を
 加えることである(p91)


・私は、よいものは
 「徹底的にパクる」
 (略して「TTP」といっているが)
 ことを信条としている(p136)


・現場のリーダーが「こうすべきだ」
 と判断したなら、それをリーダーが
 自信と確信を持って実行できる体制で
 なければならない
・・東電での会議の
 様子を見てみたが、東電で高い地位に
 あるはずの所長にいかに権限が
 与えらえていないかがわかり、
 その様は異様にさえ感じた(p177)


・スローガンのような文句ばかりが
 並んでいる企画書には、たいていの場合、
 実行力がともなわない(p179)


・上司とは、「ミッション」を与えられて、
 人の上に立つ存在だ。
 その立場になった背景には、
 「自分が何のために仕事をしているのか」
 というミッションがあり、もっといえば、
 「自分は何のために生きているのか
 というミッションがある(p204)


【私の評価】★★★★☆(86点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

1章 リーダーの本質を理解しているか?
 ―一流の上司、二流の上司の"分岐点"
2章 部下を半人前に扱っていないか?
 ―部下の仕事にあれこれ口を出すな
3章 世の中の変化に気づいているか?
 ―"世界基準"のリーダーシップを知る
4章 自分の役割をまっとうしているか?
 ―タフな上司になるための「考え方」「働き方
5章 自分を信じて努力しているか?
 ―吉越流「これだけは守るべき」上司の心得



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)