「職場の理不尽に怒らずおだやかに働く技術」横山 信治

| このエントリーをはてなブックマークに追加

職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術

【私の評価】★★★★☆(89点)


■成績優秀な営業マンでありながら、
 上司と喧嘩して、左遷、退職してしまった
 著者が教えるアンガーマネジメント
 (怒りへの対処法)です。


 著者は、営業キャンペーンで
 ナンバーワンの実績を上げ、
 課長との対話に臨みました。


 お褒めの言葉を期待していると、
 課長からの第一声は、


 「お前、いい気になるな・・」


 でした。


 カチンときた著者は、


 「いいですね、課長は。何もぜずに、
  言いたいこと言えばいいんだから」


 と言ってしまったのです。


 その結果、3か月後に
 著者は一番行きたくない部署へ
 異動となってしまいました。


怒りは、期待を裏切られた時に
 起こります
(p29)


■著者は、怒りを否定している
 わけではありません。


 真剣だからこそ、
 理想を高く持っているからこそ、
 怒りの感情が出てくるのです。


 ただ、怒りの感情を出すことによって、
 上司との関係が壊れてしまっては、
 評価が下がってしまいます。


 これでは本末転倒でしょう。


・怒りのエネルギーを・・・
 最初の起爆剤に使った後は、
 本来の自分がやるべき目的に集中し、
 怒りの感情は自分を成長させるための
 試練だと置き換えてください(p155)


■この大きな怒りの感情を
 仕事で成果を上げるための
 導火線として使うことができれば、
 結果は違ってきます。


 著者からの助言は、
 怒りを相手にぶつけるのではなく、
 仕事のパワーに換える
ことです。


 嫌なことを言われても
 ただでは起きないのですね。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・怒りのパワーをエネルギーにする(p9)


・イライラの底辺に、・・・
 「私のことを軽く見ているのでは」
 という疑いだったり、
 「私のことを理解してくれない」
 という不安の感情が根底にある(p37)


・長引く怒りは、その体験から得た
 「プラス面」を紙に書き出してみよう
・・
 マイナスの体験が
 プラスの体験に変化する(p78)


・あらかじめ、
 「自分が期待すること」
 を公表しておこう(p84)


・自分にとって重要度が高いもの、
 大切にしているものが冒された場合だけ、
 我慢せずにハッキリ自分の考え方や
 生き方を伝えるべきです(p99)


・「いつも怒っている人」は受け流そう・・・
 なぜいつも怒っていたのでしょう。
 それは「自分のことを評価してほしい」
 という欲求の現れです。
 自分に自信があれば、
 いつも怒る必要はありません(p93)


職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術
横山 信治
秀和システム
売り上げランキング: 45,892

【私の評価】★★★★☆(89点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 腹が立ったら、最初にやる10の習慣
第2章 怒りをコントロールする10の技術
第3章 職場でイライラしない8つの技術
第4章 怒りを仕事に活かす7つの技術
第5章 どうしても我慢できない怒りを静める7つのトレーニング




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)