「力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣」古川武士

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

【私の評価】★★★★☆(83点)


■私の知っている優秀な管理職と、
 仕事のスタイルが似ていたので、
 ご紹介する一冊です。


 優秀な管理職は、
 上司の意向をできるだけ
 実現しようと努力します。


 上司からの難しい要求に対して
 100点満点ではないけれど、
 今できる手を打っていく


 その一方で、「そんなの無理」と
 まったく動かない人もいるわけで、
 この差は大きいのです。


・完璧主義の人は
 着手が遅く先延ばしする
 上手に力を抜く人は
 小さくはじめてすぐやる(p80)


■手に余る問題があれば、
 仕事を切り分けて、
 手伝ってもらうよう
 周囲に要請します。


 それも「手伝ってください」
 というお願いではありません。


 「この仕事をやらなくてはならない、
  だから、手伝ってもらいたい。
  そうしないと完遂できない」
 というロジックです。


 仕事を完遂するために必要であれば、
 礼を失しないかぎり、
 他人の力を借りることに、
 何の遠慮もいらないのです。


・何かトラブルが起こった時・・
 完璧主義の人
  あれもこれも全部自分で
  対応しようとしてしまい、
  結局どれも中途半端に終わってしまう
 上手に力を抜く人
  妥協するポイントを決め、
  他人の力を借りることで
  仕事を柔軟に処理する(p95)


■分かっているけれど、
 難しいのが、
 こうした合格点を取るための
 方向性を示すことでしょう。


 何をいつまでに
 どういった手順で処理すれば、
 合格点が取れるのか。


 打ち手をマイルストンを
 明確にして指示を出すのです。


 古川さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・完璧主義の人は
 無制限にがんばる
 上手に力を抜く人は
 制限を設けてがんばる(p37)


・上手に力を抜く人
 仕事をチャンクダウンし、
 小さな一歩から着手する
  報告書作成
   過去のよい例を探す 
   たたき台を作る
   本文を書く(p84)


・上手に力を抜く人は、
 一つのことに百%を求めず、
 失敗も受け入れながらいくつかの施策を試し、
 全体でうまくいけばいいと考えます(p148)


・A課長は、会議に極力参加しない主義です・・
 「目的は何?」
 「あとで議事録を見て情報把握するだけではダメかな?」
 「私がいなくても決まるんじゃないの?」・・
 と、明確な目的と必然性がなければ拒否されます(p216)


・私の知り合いの研修会社の社長は、
 仕事をすべてギリギリの納期で終えます。
 彼のギリギリぶりは筋金入りで、
 提案書は当日の朝、早起きして三時間で
 書き上げたり、研修で使うスライド資料も、
 当日の朝に作ったりしています(p49)


・戦略的に妥協を行う時には、
 「最悪の場合は何を重視するか」
 「最高のものに仕上げるために何をしたらいいか」
 「最低、何をすれば合格ラインなのか
 という三つの基準から考えましょう(p96)


力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣
古川武士
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 25,377

【私の評価】★★★★☆(83点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

序章 完璧主義が効率を下げる
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
第3章 「失敗を恐れず」行動する
第4章 「精神的な余裕」をつくる
第5章 「他人の力」を上手に活かす




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む