「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」堀江 貴文

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■ホリエモンといっても、
 それほどひどい人では 
 ないようです。


 ふつうの企業家という
 感じでしょうか。


 本音で生きていた
 だけなのです。


■とにかくやってみよう。


 その結果が、
 ライブドアだった
 のだと思います。


 政治、財界、マスコミ、警察を
 敵に回したのがまずかったのかも。


 堀江さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「恐い相手」は、自分のプライドがつくっている・・
 「相手に悪く思われたらどうしよう」とか、
 「アホだと思われたらどうしよう」とか
 そう思って話せなくなるのだ(p87)


・バーディをとりたいのなら、
 強めに打たないとダメだ・・
 カップをボールが行きすぎたとしても、
 それによってラインがどうなっているのか
 大体見当をつけられる(p100)


・ビジネスで成功するためには、
 思いつく限りのことを
 次々とやってみるしかない。・・
 「トライアンドエラー」の繰り返しの上、
 いくつかの事業が当たった(p50)


本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
堀江 貴文
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 105

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1章 言い訳をやめる
2章 バランスをとるな!
3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である
4章 すべてを最適化せよ
5章 本音で生きるために必要なこと


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む