「日本人ルーツの謎を解く―縄文人は日本人と韓国人の祖先だった!」長浜 浩明

| コメント(0) |

日本人ルーツの謎を解く―縄文人は日本人と韓国人の祖先だった!

【私の評価】★★★★☆(88点)


■日本人の祖先は朝鮮からの渡来人・・
 皇室は朝鮮からやってきた・・
 という説があります。


 理系の著者が、こうした説の元となった
 DNAや考古学のデータを再検証すると
 結論は真逆でした。


 大陸とは、若干の交流があった程度で
 大量の渡来人の流入はなく
 日本人は昔から日本人ということ。


・日沼教授はATLウイルスのキャリアが、
 東アジアでは日本人にしかいない
こと、
 日本以外では沿海州からサハリンに分布している
 少数民族に発見されているにすぎず、
 中国・韓国には如何に調査しても
 全くいないことを発見した(p110)


■まず、DNAからわかることは、
 男性のY染色体は大陸とは異なり、
 女性のmtDNAは類似している。


 これは、女性についてはアジア全体で
 長い時代にわたって均一化されて
 いるということであり、


 男性については、
 外国から来た男性が、
 地元の女性と結婚し、子どもを作ると
 仮定すれば、


 大陸では男性が移動・定着し、
 均一化したものの
 日本には来ていないということでしょう。


日本人男性のY染色体は韓国人や中国人(北京)とは
 大きく異なり、しかも遺伝的に遠く離れた関係
にあるのに、
 日本人女性のmtDNAは類似し、近いのは何故か。・・
 私たち日本人の主な祖先は一万年以上にわたり日本列島の
 主人公であり続けた縄文時代からの人たちだった(p262)


■なお、縄文時代と弥生時代とで
 骨格が変わっていることについて、
 渡来人の影響という説もあります。


 この説については、
 現代人の骨格が生活習慣の変化で
 大きく変わったことから、
 生活の変化による影響と考えます。


 稲作導入などにより
 食糧や生活が変化し
 骨格が変わったのです。


・弥生時代以降の人骨を見て、
 縄文系とか渡来系とかを論ずることは
 困難であることは、明治以来、
 150年足らずで私たちの骨格は大きく
 変わった
ことからも実感できる(p228)


■とはいえ、朝鮮半島と日本とは
 土器や前方後円墳など
 文化的共通点もあり、
 交流はあったはずです。


 言語はまったく違いますので、
 現代のように通訳などを通じて
 意思疎通したのでしょうか。


 長浜さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・弥生時代から奈良時代にかけて日本にやって来たと
 される渡来人の影響は、その人数であれ、人口増加であれ、
 大きくなかったからこそ、氏が渡来系としたY染色体の
 O系統頻度は、日本中何処でもほぼ均一、と
 考えざるを得ない(p254)


・では何故、韓国人のY染色体は中国人(北京)に
 近くなったのか
を考察してみよう。・・・
 多くの被征服民族の男性は奴隷になったり殺されたりしたが、
 女性は同じ運命を辿ることなく生き延び、
 征服者=男性の子を産んだということだ(p264)


・東アジアの女性のmtDNAが似ている理由・・ 
 女性が大虐殺されるのは希で、彼女らは
 征服者の男性との間で子供を遺して行くことで
 生存が保証されたと思われる(p265)


・1998年、青森県大平山元Ⅰ遺跡の無文土器の
 炭素14年代が13000年前、暦年に較正すると
 16000年前になると発表された。(p77)


・半島南部の土器を見た韓国の学者は
 「これは日本の弥生土器だ」と認識していた。
 つまり縄文時代に続き、弥生時代にも
 多くの人々が日本から半島へと進出し続け、
 その地に住んでいたことになる(p96)


日本語と中国語(北京語、広東語、上海語など)や
 朝鮮語との共通性を感じることはない
・・・
 「日本人のルーツは半島だ、大陸だ」といくら叫んでも、
 多くの人にとって実感が湧かないのは当然であろう(p271)


・日本の品種の多くはaまたはbに限られている。・・
 「b変形版」のイネは朝鮮半島には存在しないから、
 仮に水稲が朝鮮半島から来たのなら「b変形版」の
 イネは日本に存在しないはずである。だがこのイネは、
 最初の渡来地とされた北九州を始め日本列島に隅無く
 広がっている(p59)


【私の評価】★★★★☆(88点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 司馬遼太郎・山本七平の縄文・弥生観は失当だった
第2章 縄文時代から続く日本のコメづくり
第3章 縄文・弥生の年代決定に合理的根拠はあったのか
第4章 反面教師・NHK『日本人はるかな旅』に学ぶ
第5章 もはや古すぎる小山修三氏の「縄文人口推計」
第6章 机上の空論・埴原和郎氏の「二重構造モデル」
第7章 統計的「偽」・宝来聡氏の「DNA人類進化学」
第8章 為にする仮説・中橋孝博氏の「渡来人の人口爆発」
第9章 「Y染色体」が明かす真実
第10章 言語学から辿る日本人のルーツ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)