「日本人とユダヤ人」山本 七平

| このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)

【私の評価】★★★★★(90点)


■日本人の特性を、
 ユダヤ人と比較することで、
 明らかにしていく一冊です。


 日本では、南国の島のように、
 寝そべっていれば食い物が落ちてくる
 というわけにはいきません。


 まじめに働かなければ、
 飢え死にしてしまう。


 集団で決まった行動を
 規律正しく実行して
 いかなくてはならなかったのです。


 その数千年におよぶ訓練が、
 現在の日本人の勤勉さの
 源
なのでしょう。


・日本の稲作は(場所にもよるが)気候の点で少し無理があるから、
 否応なし、待ったなしの緻密な計画のもとに手ぎわよくやらねば
 ならない・・・中世の日本では人口の85%が農民だったというから、
 国民のほぼ全員が、一千数百年にわたってこういう訓練を
 うけつづけて来たわけである。(p55)


■そして、
 日本人は水と安全は無料だと思っている。


 これが日本だけに留まっていれば、 
 問題はありません。


 しかし、国際関係となると
 話は別です。


 ユダヤ人は警告します。


 ユダヤ人はドイツで経済支配していました。
 しかし、権力や武力は持っていなかった。


 第一次世界大戦を戦ったドイツでは、

 「ユダヤ人はわれわれが西部戦線で死闘していた間、
  あいつらは銃後にあって、われわれに守られて
  ぬくぬくともうけやがった

 と言われたのです。


 それがアウシュビッツに
 つながっていった。


 なんだか、今の中国と韓国の
 反日教育と同じように感じられて
 恐ろしく感じました。


 国家はそのような迫害が起こっても、
 見て見ぬふりをして、
 自らの危機を乗り切ろうとするのです。


・政府は、これを機会に民衆の不満をユダヤ人や華僑に
 向けることによって危機を乗り切ろう
とし、
 民衆を煽動しないまでも、少なくとも見て見ぬふりで
 放置しておいて、ユダヤ人や華僑の犠牲によって自然に
 鎮静していくのを待つ、という態度に出る(p204)


■自分のことが一番わからない、
 と言われるように、
 日本人には日本人という特殊性が
 わからないのかもしれないと、
 思わせてくれる一冊です。


 やや難しい文体ですが、
 非常に興味深い一冊でした。


 山本先生、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「朝鮮戦争は、日米の資本家が(もうけるため)
 たくらんだものである」と平気でいう進歩的文化人がいる。
 ああ何と無神経な人よ。そして世間知らずのお坊ちゃんよ・・・
 その言葉が、あなたの子をアウシュヴィッツに送らないと
 誰が保証してくれよう・・・同じことを、
 第一次世界大戦の後に、
 ドイツのユダヤ人もいわれたのだ(p215)


・日本人・・・秀才だが世の荒波を知らない人物、
 従って外に出ると、何ごとにもすぐ緊張して固くなる人物、
 図々しさがむしろ美徳とされる外部の世界を、唖然として
 眺めている育ちの良い人物
、しかも無能でもお人好しでもなく、
 キャンペーン型稲作に、千数百年にわたり徹底的に訓練された
 特殊技能の持主、というべきであろう(p69)


・日本教の基本的理念は「人間」である。従って
 神学は存在せず人間学が存在する。だがこれが、
 法外の法で規定され、言外の言で語られているため、
 言葉で知ることが非常にむずかしい(p146)


・日本人が絶えず口にする「人間」「人間的」「人間味あふるる」
 といった意味の人間という言葉を基準とした一つの律法が
 あるはずで、日本人とはこの宗教を奉ずる一宗団なのだ(p103)


目には目、歯には歯を・・・要は、
 損害を与えたら、自国民であろうと他国民であろうと、
 相手がユダヤ人でも朝鮮人でも、奴隷でも、男でも、女でも、
 正しく損害賠償せよ、ということなのである(p238)


日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)
イザヤ・ベンダサン Isaiah Ben-Dasan
角川書店
売り上げランキング: 7,043


【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)