「あなたはもっと怒っていい」和田 秀樹

|

あなたはもっと怒っていい

【私の評価】★★★★☆(82点)


■普段からボケと突っ込みを訓練している関西人や、
 弱みにつけこむその筋の人でなければ、
 ふつうの日本人なら怒らないもの。


 いわんや震災と放射能にじっと耐えている
 東北人であれば、私を含めて怒りを
 じっとこらえる人が多いかもしれません。


・日本では、怒りたいのに
 怒れない人のほうが
 ずっと多いのではないでしょうか?(p4)


■しかし、実社会では、
 言ったもの勝ちという場合もあるし、
 怒ってばかりの人が
 得をすることも。


 じっと我慢している人だけが、
 損をする
こともあるのです。


 そうであれば、
 言いたくないことも
 言ってみることが大切なのかもしれません。


・腹が立ったら怒るのは当たり前のことで、
 怒っただけでは解決しなくても、
 怒ることで解決に向かう状況はいくらでもある(p37)


■怒れば、短期的には、
 ゴタゴタが起こるかもしれない。

 しかし、それは必要な混乱なのです。


 転校してイジメられたら、
 まず一番強いヤツとケンカする。

 これがイジメられないための
 秘訣であるということも事実なのです。


・世の中には、他人の痛みに鈍感な人がいます・・・
 たとえばあなたを精神的に苦しめている人がいたとして、
 我慢すれば相手は「悪かったな」と
 気がついてくれるのかということです(p165)


■間違いや無礼を指摘する、
 ということは訓練が必要です


 言うべきは言う。
 言う必要のないことは言わない。


 そうしたコントロールができれば、
 人生を楽に生きていくことが
 できるのでしょう。


 自分もあまり怒らないタイプなので、
 自戒の気持ちも含めてこの本をお勧めします。


 和田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・その人間がやったこと、行為や行動を
 その場でとがめることができる人は、
 怒りをその場で消すことができます(p52)


・周囲が騒がしかったら「ちょっとうるさいよ」・・
 朝の挨拶を無視されたら「おはよう、でしょ!」
 列に割り込む人間がいたら「並びなさい」
 まるで幼児を叱るようなものです(p58)


・上司でも同僚でも、友人でも恋人でも妻や夫でも、
 怒るときに怒ってくれる人はわかりやすくて
 安心なのです(p56)


怒れば、一種のガス抜き作用になって
 大事な怒りを忘れてしまう・・・
 わかりやすい例は国民の怒りや不満の矛先を
 外国に向けるやり方でしょう(p73)


・「嫌いなやつとはつき合わない」という選択・・・
 つき合わないで済むことができれば、そのたびに
 「なんだ、これでいいじゃないか」
 と気がつくことが出てきます(p100)


あなたはもっと怒っていい
和田 秀樹
新講社
売り上げランキング: 508401

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)