「パーキンソンの成功法則」C.N.パーキンソン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

パーキンソンの法則 (至誠堂選書)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■大英帝国において出世するための秘訣を 
 パーキンソンさんが教えてくれる一冊。


 パーキンソンの法則といえば、
 「役人の数は、仕事が増えようが減ろうが、ひたすら増大する
 「仕事の量は、与えられた時間まで膨張する」
 「審議に要する時間は、その支出の額に反比例する」
 「かねは入っただけ出る」
 などが有名ですね。


 パーキンソンさんによれば、
 まず、手っ取り早いところでは、
 結婚相手によって運命が変わるとのこと。


・上流社会というものは、多くは、むこ族によって
 出来ているということが理解されてくるだろう。・・・
 義父をどう選択するかに、君の将来がかかっている(p23)


■次に、組織のなかで出世していくと、
 組織との戦いが始まります。


 それは、無駄な仕事と
 書類の山との格闘です。


 いかに無駄な仕事を無視し、
 書類仕事を即効でさばき、
 大切な仕事に集中することがでるのか、
 ということ。


・よいマネージャーは先手を打つのを忘れないということだ。
 かれは日常業務の洪水で、
 自分がオフィスに閉じこめられるようなことはしない。
 問題が書類になるより先に手を打ってしまう。(p179)


■結局、良い組織というものは、
 必然的に肥大化し、腐敗し、
 衰退するものなのかもしれません。


 それを防ぐことは、あまりにも難しい。


 あまりに古い本で、
 文体も翻訳も読みにくいのが難点でしたが、
 組織の法則に興味があるのならぜひ。


 パーキンソンさん、
 良いお話をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・理論的にいえば、つねに正しい人物(もしいるとすれば)は
 その組織の長たるべきで、そういうことも多い。だが、
 事実においては、しばしばかれは不人気すぎる。かれ自身の
 野心という点からいえば、十に一つは間違ってみせて、
 残りのものを安心させる配慮が必要だ(p158)


・君がナンバー2になれるかどうかは、
 巧みな書類処理にかかっている。・・・
 郵便物は八時四五分に開封され、
 このオフィスのならわしでは、 
 五十通が九時十五分までに処理される(p176)


・拡大は複雑を意味し、複雑は腐敗を意味する・・・
 重役会の人数が多すぎないか?
 送り状や請求書にハンコの数が多すぎないか?(p269)


・幹部は、大ざっぱにいって、二つの種類にわけられる。
 技術的に何か新しいことをはじめる能力のあるものと、
 現存している組織を管理するだけの力しかないものとだ・・・
 日常の仕事の能力がいちばん高く評価されているところでは、 
 すでに腐敗がはじまっているのだ(p271)


・管理費に約10パーセントを費し、そのうちの半分が
 本社で使われるという能率のよい会社がかなり多い。 
 一般的にいえば、統計、申告書、報告書に対する
 中央の要求が大きくなればなるほど、ただそれを
 ファイルするだけにも人員が大勢必要となる(p187)


・戦時中の増税はすでに配当にまで課税していたが、
 平時になっても税は下がらす、とかく増大の気味があり・・・
 法人税(1938年の37%に比較して、1952年は56%)のせいで、
 会社は利益があがったということをみとめなくなった(p236)


パーキンソンの法則 (至誠堂選書)
C.N.パーキンソン 森永 晴彦
至誠堂
売り上げランキング: 294,064

【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・C.N.パーキンソン

 1909年生まれ。
 1934年まで大学で学術的著作に従事。
 その後、大学で教鞭をとり、
 1957年「パーキンソンの法則」を発表。
 パーキンソン研究所を設立して、経営コンサルタント
 として活動。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)