「パーキンソンのビジネス金言集129―この中に"自分にいちばん役立つ方法"が必ずある!」

| コメント(0) |

【私の評価】★★★★★(91点)

一つの意思決定もおろそかにするな・・・ 意思決定は基本方針と見なされ、 その意思決定は他のすべての同じような状況に 適用されていく可能性があることを、 常に銘記しておかなくてはならない。


▼引用は、この本からです。
パーキンソンのビジネス金言集129
C・パーキンソン、M・ルストムジ、三笠書房

【私の評価】★★★★★(91点)


■トイレで、昔読んだ「ビジネス金言集」を手にしました。


 読み直してみると、地味な本ながら、
 本質を突いた素晴らしい助言がならんでいます。


 今日の名言では、
 トップ(上司)の判断の大切さを指摘しています。


 部下は上司の言動を常に気にしていますので、
 一つひとつの判断が、部下にとっては前例となって
 その後の判断の基準となるということです。


■ですから、その時その時で、トップの判断に矛盾があると、
 部下は混乱します。
 この人はどんな判断基準を持っているんだ?
 ということです。


 組織のトップの言動、判断は、
 部下から見ると、絶対的な前例となって
 組織の判断基準として使われていくということを
 理解していなくてはなりません。


 10年前の本ですが、組織のリーダーへの
 本質を突いた助言がいっぱい詰まっています。
 今、管理職の人、または管理職以上を目指す人にお勧めします。


【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・C.N.パーキンソン

 1909年生まれ。
 1934年まで大学で学術的著作に従事。
 その後、大学で教鞭をとり、
 1957年「パーキンソンの法則」を発表。
 パーキンソン研究所を設立して、経営コンサルタント
 として活動。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)