本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ある女性広告人の告白」小池 玲子

(2012年1月 2日)|

ある女性広告人の告白

【私の評価】★★★★☆(88点)


■ダイヤモンドのデビアス社の
 ブランドキャンペーンを手がけた
 小池さんの一冊。


 「婚約指輪は給料の三ヵ月分」というのは、
 すっかり日本人に浸透しています。


 こうしたイメージキャンペーンが、
 広告戦略としてしっかり計画されたものである
 ということには、恐怖感すら感じました。


・デビアスと代理店はエンゲージメントリングの価格
 ガイドラインを設けなければならなかった・・・
 ここで有名な「婚約指輪は給料の三ヵ月分」といった
 ガイドラインができた・・・しかし、三ヵ月分は日本のみで
 フランスは二ヵ月、南米の国は一ヵ月だった(p36)


■外資系のブランド戦略は
 長期的に考えるようです。


 長期的なブランドを
 育てていくという視点。


 そういう意味では、
 日本のブランド戦略は、
 まだまだかもしれませんね。


・マシュー・ハート著の『ダイヤモンド』の紹介文・・・
 「ダイヤモンドは驚くほど役に立たない・・・」
 しかし、ダイヤモンド=愛というブランドバリューが、
 人々の心にすり込まれ、世代を超えて受け継がれていく(p65)


■さらにこの本では、ブランド戦略だけでなく、
 外資系広告代理店ならではの
 異文化コミュニケーションが興味深いところです。


 日本人の感覚で作った広告を
 小池さんは外国人のクライアントに
 説明しなくてはならない。


 いかに日本人らしい広告について
 了解を取るのか、小池さんの苦労が
 伝わってくるようでした。


・英語の上手でない私が考えだしたのは、
 次のような対応だった。
 まず、「あなたのおっしゃったことは理解しました
 と言って・・・間を置かず、
 「しかしながら」と続けるようにした(p97)


■小池さんの冷静さのなかに、
 一流のプロフェッショナルの考え方が
 流れているような一冊でした。


 外資系での仕事を考えている人には、
 ぜひ読んでいただきたい。


 小池さん、
 良いお話をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・外国人から知らされた日本人の特性・・・  
 日本人は儀式好き・・・
 日本人は贈り物好き・・・  
 日本人は本物好き(p34)


・私は若いクリエイターに、
 発想の段階では小さくても、下手でもよい。
 自分の手でスケッチするようにと言っている。
 自分の手こそが、無限の可能性を生み出す(p201)


・外資系の化粧品は・・・
 美しい白人女性を登場させ、
 その優位点を誇張して表現することにより
 日本女性の劣等感をかきたて、
 商品に興味を抱かせる手法(p150)


・上司の外国人や営業の外国人からも必ず
 次のような質問がきた。
 「これはキャンペーンとして長く広く展開できるか?」・・・
 言い換えれば、
 何年も使えるアイディアかという意味(p59)


・一緒に成長していきましょう。
 これが従来からの外資系広告代理店のスタンス・・・
 「一つの業種に、一つのクライアント」(p204)


・クライアントの外国人は、
 「発言しないのなら来なくてよい
  仕事の内容を理解し、実際動かしていく人が
  一人来てくれればいいのだ」と言う。(p76)


・日本人はあまり目を合わせて話をしない。
 しかし外国人にとって、アイコンタクトは大変重要な要素。
 目を合わせないことは自信のない証拠と思われる(p106)


ある女性広告人の告白
小池 玲子
日経広告研究所
売り上げランキング: 269828

【私の評価】★★★★☆(88点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: