「「そ・わ・か」の法則」小林正観

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

(文庫)「そ・わ・か」の法則 人生を輝かせる

【私の評価】★★★★★(91点)


■既読でしたが、
 なぜかご紹介していませんでしたので、
 ご紹介いたします。


 「そ・わ・か」とは、

 「掃除」の「そ」
 「笑い」の「わ」
 「感謝」の「か」

 です。


 掃除をすると、
 お金が入ってくる。


 笑いで健康になる。


 感謝がすべてを
 解決してくれるということ。


・面白いジョークやシャレに対して笑う、
 というのは、笑いの初級者。
 面白くなくても笑う。これが中級者です。
 究極は、わけもわからずにとりあえず笑う。(p47)


■私がもっとも共感したのは、
 「ありがとう」の力です。


 「ありがとう」で
 健康になれる。


 「ありがとう」を二万五千回言うと、
 涙が出てくる。


 「ありがとう」とは、 
 あなたがすべてを受け入れている
 ということなのです。


トイレに、「きれいに使ってくださってありがとう
 という張り紙をしてあることがあります・・・
 子供に向かって「洗濯物を取り入れなさい」と
 言うところを、「取り入れてくれてありがとう」と言う(p83)


■私も「ありがとう」の力を利用しています。


 「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
 と、思いながら歩く。


 テニスをしながら、
 「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
 と、つぶやく。


 どうやら「ありがとう」には、
 気分をよくするための力があるようです。


 みなさんも、「そ・わ・か」の力を
 利用してみてはどうでしょうか。


 小林さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・実は「笑い」は「肯定」を意味しているからです。
 たとえば、新婚の朝、初めて奥さんの素顔を見た、
 という場合を想像してください。
 「面白い顔―」 と笑った瞬間に、
 「受け入れた」ということです(p42)


・謙虚さとは、今自分が置かれている状況や獲得したものが
 自分の力によるものではなく、多くの友人や知人、
 目に見えない存在である・神・仏・守護神・精霊などの
 おかげであると思っているということです(p62)


・「怒ってもいい状況」などは存在せず、
 「怒らせる人がいる」わけでもありません。
 本当は笑顔で解決することができるのに、
 "面倒だから""簡単だから"とりあえず
 怒って解決、という道を選んでいる(p158)


・人間の幸せの一つは、自分を他と比べない
 自分は自分
 他の人にない優れたものを、
 人間は必ずもっています(p170)


・人間でいえば「幼いころ」。その時期に、愛情に包まれて、
 「自分のもっている力をどんどん伸ばしていっていい」
 という情報を与えつづけると、子供は安心して
 どんどん自分の力を伸ばしていくことができる(p179)


・あなたが、この世に生まれてくれて「ありがとう」・・・
 私たちは、小・中・高・大学そして社会から
 「・・・努力しない者は価値がないんだ」という価値観を、
 当たり前のように教え込まれてきました。(p189)


・「人に喜ばれるような使い方
 「多くの人の役に立つような使い方」をすると、
 お金自身が自らの意思で、
 その人のそばに来たがる(p28)


【私の評価】★★★★★(91点)


■目次

◎ 注目を浴びはじめた「トイレ掃除」の不思議な力
◎ きれいに使う人のところにお金は集まる
◎ 大笑いできる人は病気になりにくい
◎ 三秒で悩み・苦しみを消す方法
◎ 「トイレ掃除」も「ありがとう」も損得勘定から
◎ 宇宙には「ありがとうのポイントカード」がある
◎ 幸も不幸もない、現象はニュートラル
◎ 身近な人はみんな自分を磨く砥石
◎ あなたが、この世に生まれてくれて「ありがとう」 


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む