「インテリジェンス武器なき戦争」手嶋 龍一、佐藤 優

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★★☆(85点)


●情報(インテリジェンス)の世界で注目をあびる
 元外交官とジャーナリストの対談です。


 諜報についてはほとんどテレビや新聞では
 書かれませんので、興味深く読みました。


●まず、トヨタで設計データを盗んだ企業スパイがいたように、
 あらゆる国家が情報を集めているのが現実です。


 日本でも政治家の盗聴事件などがときどき
 表に出ますが、これは氷山の一角なのでしょう。


 ・ありとあらゆる都市で、ほとんどの要人の電話は盗聴されている
  と考えたほうがいい。例外はワシントンだけでしょう。あそこの電話を
  盗聴していると、すぐに逆探知されてしまう(佐藤)(p18)


●そのネットワークは、政治家、官僚、民間企業、ジャーナリスト・・
 あらゆるところで活動しているようです。


 ・上海の総領事館が中国当局から脅迫されて自殺したなら官邸に
  報告して然るべきなのに、それもしない。・・・弱みを握られて
  いるヤツが外務省幹部にいるんでしょうね(佐藤)(p156)


●佐藤氏の持論は、経済力に応じたインテリジェンス能力を
 日本は持っているものの、
 それを生かしきれていないというものです。


 日本には、仕事を中断して、勉強する、充電する
 といった仕組みが少なすぎるのです。


 日本の能力を生かしきるためには、
 人材育成の仕組みが必要であるというのが
 お二人の結論でした。


 ・ジャーナリストになると、夜討ち朝駆けで疲弊していく。
  充電する機会がほとんどない。(手嶋)(p201)


●この本自体がお二人の工作活動の一つかもしれませんので
 鵜呑みにはできませんが、知らない世界があることは
 よくわかりました。


 日本でも専門の対外情報機関を作ろうという話もありますので、
 この関係の勉強もしていきたいと思います。
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ヴァチカン市国は、隠れた情報大国です。・・・その
  インテリジェンス能力にはいまも侮りがたいものがある。(手嶋)
  ヴァチカンは怖いですよ。・・・モスクワでもすごい仕事を
  していますし。(佐藤)(p89)


 ・私はロシアの仕事をしていたとき、日商岩井と三井物産を非常に
  重視していました。この二つの商社には、それぞれ基本哲学
  があります。(佐藤)(p20)


▼引用は、この本からです。

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)
手嶋 龍一 佐藤 優
幻冬舎 (2006/11)
売り上げランキング: 829
おすすめ度の平均: 4.0
3 褒めあい
4 国際諜報小説を読みふけるような面白さだが、現実世界の出来事となると、、、。
5 ■日本の外交の二人の巨塔による傑作!

【私の評価】★★★★☆(85点)


■著者紹介・・・手嶋 龍一

 外交ジャーナリスト、作家。
 NHKワシントン特派員として「たそがれゆく日米同盟」「外交敗戦」
 を執筆。ハーバード大学国際問題研究所、ドイツのボン支局長、
 ワシントン支局長を経て、2005年独立。



■著者紹介・・・佐藤 優

 英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、その後在ロシア日本大使館勤務。
 モスクワ国立大学哲学部で弁証法神学を講義。
 2002年、背任と為計業務妨害の容疑で逮捕され、現在起訴休職中。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む