「国家の品格」藤原 正彦

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

国家の品格 (新潮新書)

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)88点


●アメリカのコロラド大学で3年間教え、
 イギリスのケンブリッジ大学で一年暮らした著者が気付いたのは、
 日本の世界に誇るべき「情緒と形」を重要視する文化です。


 ・お茶を考えても、イギリスではみんな
  マグカップにどぼどぼ注いでガブ飲みする。
  しかし日本では、茶道というものにしてしまう。(p98)


●グローバルスタンダードという名の下に、
 経済のアメリカ化が進みましたが、
 著者は懐疑的です。


 ・市場経済が進んだ結果、日本でも貧富の差が大きくなりました。
  行く行くは現在のアメリカのように、上位1%の人が国富の
  半分近くを占有するようになるかもしれません。(p29)


●著者の提言は次のとおりです。

 ・アメリカの植民地状態からの独立
 ・食料自給率の向上
 ・金銭主義ではなく道徳主義
 ・田園の保持


●講演をベースに作られているので非常に楽しく
 日本の誇りを鼓舞してくれる内容となっています。

 ただ、提言において不明確なところがあると感じましたので、
 少し減点して★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・満州事変から大東亜戦争にかけて、国民はもちろん、
  朝日新聞をはじめとする新聞も、
  ほとんどが軍国主義を支持しました。(p79)


 ・「平等」の旗手アメリカこそは、起業経営者の平均年収が
  約13億円で、一般労働者のそれが約300万円(2004年)
  の国なのです。3500万人もの人々が貧困のため医療さえ
  受けられない国なのです。(p91)


 ・国際社会というのはオーケストラみたいなものです。・・・
  日本人は日本人のように思い、考え、行動して
  初めて国際社会の場で価値を持つ。(p147)


国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 1613

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)88点


●著者紹介・・・藤原 雅彦

 1943年生まれ。
 東京大学理学部数学科、同大学院修士課程修了。
 コロラド大学助教授を経て、お茶の水女子大学理学部教授。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
43,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

やや極論に走っているきらいもあるものの、
日本人の根源、根幹を見直すべし、
自信を持つべしというメッセージは
大いに共感できました。

また、細かな気付きも
たくさん得ることができました。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む