「天才の栄光と挫折」藤原正彦

| コメント(0) |

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■「国家の品格」の数学者、藤原正彦さんが、
 世界の天才数学者9人の成功と挫折の人生
 まとめた一冊です。


 天才の生まれ育った国を実際に訪れ、旅行記として
 その天才数学者の生涯を描写しています。


 天才数学者が育った国家と、その時代背景。


 両親と育った家、学校、先生・・・
 これはもう歴史小説のレベルです。


  ・天才を追う中でもっとも胸打たれたのは、
   天才の峰が高ければ高いほど、谷底も深いということだった。
   栄光が輝かしくあればあるほど、
   底知れぬ孤独や挫折や失意にみまわれている(p252)


■独自の解釈で、時代背景と天才数学者の素顔を描写していく
 筆力に司馬遼太郎を思い浮べました。


 小川洋子さんはこの本を読んで「博士の愛した数式」を
 書いたそうですが、
 この本は超えられなかったように感じます。


 数学者の伝記でありながら、レベルの高い時代小説として、
 本の評価としては★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・信心深いニュートンにとって、
   自然は数学の言葉で書かれた聖書であった。(p20)


  ・イギリスは冒険家の国である。・・・ジェームズ・クック、・・・
   ロバート・スコット・・・リビングストン、・・・ヒラリー・・・
   ワイルズには、冒険に命をかけることをいとわない、という民族の
   血が流れていたに違いない。(p238)


▼引用は、この本からです。

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 61657
おすすめ度の平均: 4.5
5 藤原氏最高の名著
5 美を追い求めた天才達の列伝
5 数学者の人間性を浮かび上がらせる良書
4 人生の幸せ
5 数学は悲哀と共にある

【私の評価】★★★★☆(86点)


■著者紹介・・・藤原 正彦(ふじわら まさひこ)

 1943年生まれ。数学者。
 お茶の水女子大学教授。
 著書多数。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)