「父の威厳 数学者の意地」藤原 正彦

| コメント(0) |

父の威厳 数学者の意地 (新潮文庫)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■数学者 藤原 正彦さんのエッセー集です。
 膨大なエッセーで読むのが大変でした。


 やはり面白いのは、父親の新田次郎と
 母親の藤原ていのエピソードでしょう。


・父は変わらず仕事に励んでいた。
 出世の方はままならず、
 いつまでたっても課長補佐で、
 新しい課長はいつも東大卒だった。
 そんな頃、私が東大に合格した。
 父は大喜びだった。
 「これで東大コンプレックスが半分なくなった。
 お前みたいなバカでも入れるんだからない。」(p48)


■また、アメリカやイギリス生活が長いので、
 国際関係の主張に鋭いものがあります。


 「国際化とは、自国の文化を学ぶことにある」
 と主張していますが、
 海外生活が長い著者の実感なのでしょう。


■いつもどおり少し毒を持ったジョークもたくさんあり、
 長く楽しめる一冊です。


 出張や旅のお供によろしいのではないでしょうか。
 本の評価としては、★4つとしました。
 
─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・イギリスでは、古いものほど貴いのである。・・・
  レストランなどの店が、看板やドアにSINCE 1830などと書くのは、
  古いことを威張っているのである。
  これを真似て我が国でも最近、
  SINCE 1990 などというのを見かけるが、
  こっけいである。(p163)


 ・「本を読まないと偉くなれない」、と
  子供の頃から親や先生に叩き込まれた・・・
  父から「本代だけはケチるな」
  とも言われていた(p190)


 ・幕末から明治中期にかけて、主に下級武士出身の者が
  かなり海外に渡航したが、彼等の多くは
  現地の人々の賞賛を博したという。
  彼らは流暢な英語も、洗練された西洋マナーも、
  世界史や世界地理の知識も、
  さして持ち合わせていなかった。
  彼らが体得していたのは、古典や漢籍の教養
  そして武士道精神くらいだった(p217)


▼引用は、この本からです。

父の威厳 数学者の意地 (新潮文庫)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 59795
おすすめ度の平均: 4.0
5 ある意味すごい
5 面白さに星5つ
4 負けず嫌いだった父親
3 武士道
5 藤原節が炸裂

【私の評価】★★★★☆(86点)



■著者紹介・・・藤原 正彦(ふじわら まさひこ)

 1943年生まれ。お茶の水女子大学教授。
 故・新田次郎と藤原ていの次男。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)