「この国のけじめ」藤原 正彦

| コメント(0) |

決定版 この国のけじめ (文春文庫)

【私の評価】★★☆☆☆68点


●作家の新田次郎の次男である
 藤原正彦教授のエッセー集です


 藤原さんは米国でも研究されていましたので、
 日本の良い点、悪い点がよく見えるようです。


・戦略なき国家・・・「民主主義は最悪の制度だ。
 いままでのどんなものよりもましというだけだ」
 と言ったのはチャーチル元英国首相だが、
 近ごろこの言葉が身にしみる。(p92)


●藤原さんの基本的考え方は、
 日本固有の武士道精神の素晴らしさ、
 そして武士道精神が失われつつある
 ということへの警鐘です。


 欧米化の傾向にある現在の日本に
 危機感を持っておられるのでしょう。


・ほとんどの学生はアルバイトをしている。・・・
 アルバイトで多大な時間をつぶし、
 遊びでまた多大な時間をつぶす。
 二重の無駄である。
 学生は「社会勉強になる」などと言うが、
 私は「社会勉強など金輪際必要ない。
 学校を出たら否応なく一生社会勉強だ」
 と答える。(p135)


●学者だから好きなことが言えるということもあるでしょうが、
 正論というのも聞いておく価値があると思います。


 以前から「ゆとり教育」を批判していた
 藤原さんの正論に、★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・2003年4月から翌年3月にかけては25兆円という、
  対米黒字の二倍以上の米国国債を
  我が国は購入している。(p22)


 ・カナダ人学者がこう指摘した。
  「ロシア軍は、日本や日本軍に関して無知なまま戦い、
  太平洋艦隊とバルチック艦隊を失い、
  ついにはロマノフ王朝の崩壊につながる・・(p48)


 ・北満州に残された開拓民二十七万名の運命は、
  苦難というより悲劇だった。
  野獣の如きソ連兵による虐殺、略奪、強姦は
  恐るべきものだった。・・・
  父親が泣きながらわが子そして妻を撃ち、
  最後に自らの命を絶つ、
  というような光景が随所に見られたという。(p182)


▼引用は、この本からです。

決定版 この国のけじめ (文春文庫)
藤原 正彦
文藝春秋
売り上げランキング: 198,344

【私の評価】★★☆☆☆68点



■著者紹介・・・藤原 正彦(こむろ まさひこ)

 1943年生まれ。新田次郎、藤原てい夫妻の次男。
 東京大学理学部卒、修士課程修了。
 現在、お茶の水女子大学理学部教授。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)