「日本人を冒険するあいまいさのミステリー」呉 善花

| コメント(0) |

日本人を冒険するあいまいさのミステリー (PHP文庫)

【私の評価】★★★★☆(84点)


●長年、日本で生活してきた韓国人である著者によれば、
 外から見た日本と、内側から見た日本に微妙な、
 かつ本質的なギャップがあるといいます。


 それは自己主張の方法、
 つまりコミュニケーションの手法です。


 ・日本人の場合、口ではなくほかの方法で自己主張をし、
  それを感じ取って相手を理解する、
  というコミュニケーション文化が確かにあるようです。・・・
  自己主張のあり方が独特なだけの話です。
  この点で、私たち外国人は日本人を大きく誤解し、
  それだけ見くびってしまいがちです。(p74)


●著者の分析によれば、
 それは以心伝心のできる、
 信頼が構築された社会(日本)と、
 他人が信頼できない社会との差であるとしています。


 ・韓国人や中国人は逆に、血縁以外の他者は
  容易に信じられない相手です。
  だからこそ、「けっして裏切らない」ことを見せ合うために、
  内面の悩みを話すなどして、
  より強い結びつきをつくろうとします。(p59)


●とはいえ、ここまで日本が経済大国化すると、
 外交においては、コミュニケーションや文化の差が、
 お互いの不信と誤解を大きくしてしまう可能性があります。


 著者の意見としては、武力を用いない、
 経済力を利用した
 日本なりの外交があるはずであるとしています。


 ・あちらのケンカ腰に対して、こちらもケンカ腰で向かったら、
  それこそどうしようもない対立となる、
  というように日本人は考えていると思います。
  しかし、それはまったくの間違いです。
  相手が厳然たる態度をとらなければ、
  とらないだけより強固な押し込みがこちらから
  可能だと考えるのが、
  一般的な「夷」の世界です。(p191)


●竹島問題、靖国問題などでは、友好を前提に考え、
 冷静な対応をとっていくことになるでしょうが、
 日本になら、どのような要求をしても、
 大丈夫という誤解だけは避けなくてはならないでしょう。


 個人的には、中国と韓国の株式を含んだ
 アジア株式の投資信託を、
 4割程度の値上がりしていることもありましたが、
 これを機会に売却しました。


 ・欧米諸国は、一国の国益をあたかも
  世界益であるかのように
  普遍化して主張してきます。・・・
  これが現在の世界での
  ホンネとタテマエの国際標準だと言えますが、
  日本はどうもそういうことができないようです。(p201)


●「彼を知り己れを知れば、百戦してあやうからず」
 という言葉がありますが、
 まさに中国人・韓国人を知り、
 己を知ることができる一冊です。
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・とにかく相手しだい、相手に合わせる、
  というのが、どうやら日本人の場合の
  第一前提のようです・・・ようするに、
  相手に面倒をかけるようになることを
  極力避けようとして、結局
  「なんでもいいです」となってしまう。(p37)


 ・欧米人・中国人・韓国人のほうが外国人に対して
  オープンだ、温かい、親しもうとすると言っても、
  いざとなると冷たい態度をとることが多いものです。
  そういうタイプとして言えば、
  日本人はその逆の人が多い。(p178)


日本人を冒険するあいまいさのミステリー (PHP文庫)
呉 善花
PHP研究所 (2016-05-09)
売り上げランキング: 1,572,456

【私の評価】★★★★☆(84点)



■著者紹介・・・呉 善花

 1956年韓国・済州等生まれ。韓国女子軍事体験をもつ。
 1983年来日し、大東文化大学入学。東京外国語大学大学院修士課程修了。
 現在、拓殖大学日本文化研究所客員教授。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)