本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「実戦!問題解決法」大前 研一, 斎藤 顕一

(2020年9月24日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(77点)


内容と感想

■元マッキンゼーのお二人が
 問題解決の手法について
 解説する一冊です。


 問題解決というと難しく感じる
 かもしれませんが、会社でやっている
 QCは問題解決の手法です。


 データからテーマを設定し、
 データで問題を顕在化させ、
 打ち手を考え、やってみる。


 大切なのはこうした問題解決、
 改善活動がデータに基づく
 現場・現物・現実を反映した
 ものであることであるという。


・ここで重要なのは、日本の工場に導入されたQC/TQC、ZD運動、VA/VFのアプローチが極めて科学的なものである、ということだ・・・人の意見ではなく事実(fact)に基づいて仮説を立て、そして実証する(p25)


■問題解決のやり方は、この本で学べば
 わかるので、実際にやってみれば
 できるのでしょう。


 しかし、もっとも難しいのは
 問題の本質をつかむこと。


 本質的な問題が見えなければ、
 効果的な対策を考えることも
 できないのです。


 昔から問題が解決しないのは、
 本質がわかっていないのか
 目をそらしているのか、
 どちらかなのでしょう。


・演習問題・・・回答への道筋・・・最初に「なぜ母親は東京に来て、みんなと一緒に住みたいと言っているのか?」ということを理解する必要がある。それを理解しない限り、正しいアドバイスはできない。言い換えれば、問題の本質を認識しない限り、解決はできないのだ(p255)


■実は多くの会社では、
 課題の本質を理解しているのでは
 ないでしょうか。


 ただ、その本質というものが
 アンタッチャブルで簡単に
 触ることができないから
 昔から問題は解決しないのです。


 問題解決の本質は、
 いかに反対勢力を黙らせるのか、
 社内の力を使うのか、
 外部の圧力を使うのか、
 そんなところにあるように
 感じました。


 大前さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・リーダーは答えを知っている必要はない。答えに至るプロセスを知っている人間がリーダーになるのだ(p19)


・ツールである語学とITを学科にして〇×式の対象にすることが間違っている・・・それに代わる教え方としては「あなたが反日感情の強い韓国に行って、もうお互いにいがみあうのはやめよう、と英語で説明してごらんなさい」といったテーマを与えるのがいいだろう(p21)


・ロジカル・シンキング・・・具体的に車のセールスで説明しよう。車のセールスマンの場合、どの会社でも売る人は月に8~9台、売れない人は0台、平均は4台ぐらいだ。では、売る人と売れない人の優劣の差は何によるものか・・・・実はベテランが効率の良いテリトリー(地域)を独占していて、新人は営業所から遠い悪いテリトリーを割り当てられているかもしれない・・・(p43)


・外的要因(影響を与える外的要因を知る)→市場の状況(市場と競争環境を理解する)→自社(自分の会社を見てみる)という流れで、大きなところから小さなところへ順序で見ていくことが大切だ(p96)


・新しい競争相手の戦い方は、従来の競争相手とは全く違う・・・たとえば、インターネットによる自動車販売事業への新規参入の状況を理解すれば、その影響力の大きさを推測できる(p121)


・テレビで見たりしただけで「知っている」と言ってはいけない・・・数字や事実をしっかりとおさえなければ「知っている」とは言えないのだ・・・「自動車ディーラー経営状況調査報告書」・・・粗利率は16%前後を維持していて、大幅に悪化してはいない・・・部門別平均粗利率を見ると、新車販売の粗利率が年々低下している一方で、中古車販売の粗利率は年々高まっていることが分かる(p124)


・日頃から、情報に対する感度を高めておく(政府刊行物サービス・センターに時々行ってみる、専門雑誌の目次に目を通す、本屋に足を運ぶ(目次の研究)、ホームページをのぞく、雑誌の中吊り広告を読む、異業種の人と話をする)(p170)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

大前 研一, 斎藤 顕一、小学館


【私の評価】★★★☆☆(77点)


[楽天ブックスで購入する]



著者紹介

 大前 研一(おおまえ けんいち)・・・1943年生まれ。経営コンサルタント。マサチューセッツ工科大学博士。日立製作所、マッキンゼー日本支社長を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校公共政策大学院教授、スタンフォード大学経営大学院客員教授を歴任。現在、ビジネス・ブレークスルー大学学長、韓国梨花女子大学国際大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授、(株)大前・アンド・アソシエーツ創業者兼取締役、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長等を務める。


 斎藤 顕一(さいとう けんいち )・・・経営コンサルタント。問題解決の出来る人材の育成者。現フォアサイト・アンド・カンパニー代表取締役。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: