本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「テレワーク歴15年の達人が教える うまくやる人のリモートワーク術」山内 貴弘

(2020年9月23日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■朝、BBCを見ているとイギリスでは
 新型コロナウィルス拡大が止まらず、
 コロナ対策として政府が職場での
 リモートワークを推奨しています。


 著者は情報システム会社で15年間、
 ほぼリモートワークで成果を出して
 きたという。


 著者の仕事は、ソフトウェア開発が
 中心のですが、普通の仕事との共通点は
 多いはず。リモートワークで成果を出す
 コツを聞いてみましょう


・必要があれば、2人でひとつのタスクを同時に取り組む・・・たとえばビデオ会議をつけっぱなしにして、パソコンでシェアサーバー上に置いた同じPowerPointのシートを見ながら、関連する資料を一緒につくっていく・・・プログラミングでは、ペアで同じプログラムコードを見て、会話しながら手を動かして開発するようなこともよくあります(p176)


■リモートワークとなることで、
 次のような状況となるようです。


 出張が減る。
 誤解や行き違いが増える。
 感情が伝わりにくい。


 したがって、メールやテレビ会議での
 発言は丁寧にわかりやすくする。
 テレビ会議では意識的に笑顔で
 オーバーに表現するのが良いという。


 同じように、方針を決めるような
 テレビ会議の前には、
 通常業務と同じように根回しを
 することが大事とのことです。


 伝わりにくいからこそ、
 コミュニケーションが
 大事になるのでしょう。


・根回しが終わってからビデオ会議を招集・・・最終的に5人のメンバーで合意することが必要だとしたら、いきなりその5人をビデオ会議に集めたりしません。まずはAさんに相談し、次にBさんにも相談・・・というように個別にビデオ会議を設定し、自分の話を聞いてくれる人をあらかじめ増やして根回しするとともに、反対意見を持っている人の意向を探っておきます(p191)


■人の性格をエンジニアタイプ、
 芸術家タイプ、公務員タイプ、
 世話好きタイプに分けて、
 対応を変えているのが印象的でした。


 リモートワークでもうまくやっている人は、
 普通の仕事と同じように人を観察しながら、
 どうすればうまくいくのか考えているのです。


 また、自由な時間が増えるからこそ、
 その時間を何に使うのかで
 大きな格差が生まれるように
 感じました。


 学び成長する人はどんどん成長し、
 そうでない人はいつまでも
 同じなのです。


 山内さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・誤解や行き違いが生じます。「メールの文章は普段よりも丁寧に」「ジェスチャーや表情は豊かに」、そして「感謝やねぎらいの言葉を過剰なくらいに発信する」(p74)


・オンラインでは所属の感覚が薄くなりやすい・・・「あれ、今回の参加者のうち、自社の社員は誰と誰だっけ?」(p48)


・リモート環境でのコミュニケーションで相手によい印象を与えたいのなら、極力会議中はニコニコ笑って、またリアクションなどもできる限り大きくするように意識しましょう(p216)


・リモートの新規営業・・・ユーチューバーが動画の継続視聴のためのチャンネル登録をしてもらう活動に似ている・・・ごく限られた時間で自己紹介し、継続視聴などのメリットを短く印象的に伝え、次の視聴へつなげなければならない(p90)


・自由な時間が増えるから、その時間で未来への投資をしよう・・・自発的に学ぶ姿勢があるかどうかが問われます(p237)


・最近では自学形式のEラーニングだけでなく、外部の研修へビデオ会議を通じて参加する人材教育が盛んに行われています(p49)


・「30分あたりパワーポイントの資料が何枚できたか」・・・KPI(Key Performance Indiater)を自分なりに設定し、測定と振り返りのプロセスを繰り返して生産性を上げる(p120)


・「芸術家」タイプ・・・軸は自分が本気になって好きになれる仕事です・・・自分が発案した企画なら継続もできるはずです(p154)


・パワハラ型上司・・・メールやチャット、ビデオ会議ソフトウェアなどに、データとしてパワハラの証拠が残ってしまいます(p41)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

山内 貴弘 、すばる舎


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 人と会う機会が激減する新世界がやってきた!―お客様とも同僚とも
第2章 環境を整え、仕事相手を理解しよう
第3章 個性に合わせた働き方でがんばりすぎずに生産性を引き上げる
第4章 リモートコミュニケーションでの「べからず集」


著者紹介

山内 貴弘(やまうち たかひろ)・・・(株)クレスコの技術職の最上位職エグゼクティブITアーキテクト。日本IBMを経て、現職。筑波大学大学院システム科学研究科修了。日本IBMでは、システムズエンジニアなのにソフトウェア営業日本一を二度獲得。同期中最速で課長職に昇進し、IBM認定プロジェクトマネージャーとなる。大規模プロジェクトを数多く成功させる。IBMでは人材開発Japan Leaderも担当し、オフショア開発等のリモートワークの推進。エンジニアのスキルアップ、スキルシフトをもとにした組織変革を推進した。現在は、(株)クレスコで2300名の技術リーダーとしてエンジニアを育成するとともに、スクラムマスターとしてお客様のアジャイル開発を推進。リモート開発を推進している。 趣味は24 時間ジムで体を動かすこと、フルーツを食べること、サウナ、坐禅。坐禅では臨済宗の老師から「見性」(悟りを見た)の印可を得る。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: