本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「大きく稼ぐ経営者になる脳のアップグレード術」西田文郎

(2020年2月23日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(85点)


■この本は「ツキを超える成功力」に
 加筆・修正をした新装版とのこと。


 この本で言われることは、潜在意識にある
 自己イメージ以上に人は成長しない
 ということです。


 なぜ、大金持ちが少ないかといえば、
 大金持ちになるイメージを持っている人が
 少ないからなのでしょう。


■そこらへんを散歩していて
 富士山の山頂に立てないように、
 普通に働いていては
 大金持ちにはなれないのです。


 大金持ちになるためには
 大金持ちになるだけ多くの人を
 喜ばせ幸せにしなくてはならないのです。


 潜在意識の世界は怖いなと
 思いました。


 西田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「金は悪であり、貧乏は善だ」という思想をインプットされた彼らの潜在意識は、本人の意思とは関わりなく、いつの間にかその思想を実現してしまったのである(p26)


・「ぼちぼち稼ぐ人間」と、「なかなか稼げない人間」の違いは・・・自分の商売を、自分の仕事を、なめているかどうか・・・なめるとは、"あなどる""たかをくくる"ことであり、別の言い方をすれば、本気になっていないということだ(p34)


・営業トークでも、まず相手に有利な刺激・情報を与えることがテクニックとされている・・・「得をしたと感じさせる」・・「自己重要巻を満たす」・・「信頼感を与える」・・「恐怖感を煽る」(p66)


・消費者を喜ばせようとする他喜力が、ヒット商品を生み出す・・・配偶者を喜ばせようとする他喜力が、幸せな夫婦を作る・・勝ち組とは、人をたくさん喜ばせた人たちである(p68)


・大きく成功できない理由・・・小さな願望は抱けても、大きな願望はなかなか抱けない(ムリだと思ってしまうから)・・(自信がないから)・・大きな願望は、あまり長続きしない(だんだん疲れてくるから)・・大きな目標は、あまり持続しない(目の前にある問題のほうがリアルだから)(p97)


・「なにクソ!」と思える脳は天才に匹敵・・・天才とは、失敗しない人間ではなく、どんなに失敗しても、その失敗体験に基づいて、「だからダメだ」という判断を下さない人間なのである(p101)


・失敗したときの落ち込み・無力感を、「悔しさ」に変えられる・・・つまり、「なにクソ!」「チクショウ!」「今に見ていろ!」という形で、悔しさ・意地に変えられたマイナス感情を彼らは利用しているのである(p106)


・最終目標をNo.1にすれば達成スピードがアップする・・・何よりNo.1には、心を躍らせるロマンがある。ロマンがあるとは、合理的ではないということだ・・・本命馬に10万円を賭ける人間より、絶対に当たるはずのない万馬券に10万円を張る人間のほうが、間違いなくワクワクしている(p138)


・大成功者は、世の中に対する使命感を持ち、「自分の仕事は必ず人々の役に立ち、必ず人々の幸福を増進する」と信じている(p152)


・強運の人は、必ずとんでもない苦しみにぶつかり、その苦しみを克服してきたという過去を持っている・・苦しみは、人の運を粘り強くする(p200)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



西田文郎、現代書林


【私の評価】★★★★☆(85点)



[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

序 章 商売では何が必要か
第1章 まずは 本気になる
第2章 次に 人を喜ばせる
第3章 さらに 強欲になる
第4章 そして使命感・感謝を抱く
第5章 最終的に 一流になる
終 章 今は何をすればいいのか


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: