本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「価格はアナタが決めなさい。 輸入ビジネスに学ぶ儲かる仕組み」大須賀 祐

(2020年2月22日)|

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■最近、ネットで転売、せどりを副業として
 進めている本がありますが、
 この本は本格的な輸入ビジネスを
 おすすめしています。


 どれくらい本格的かというと
 外国の企業から商品を買って、
 日本の企業に売るのです。


 具体的には外国の展示会へ行って
 独占販売契約を結び、日本の展示会で
 商品を売り込むのだという。


・BtoC、つまり個人を顧客とするビジネスよりも、BtoB、企業を顧客にしたほうが、ずっと簡単で手間もいらないのです(p19)


■そして値付けは、輸入原価の
 5倍から10倍で日本で売るべきだ、
 というのが著者の主張です。


 具体的には欧米から輸入した商品は5倍、
 アジアから輸入した商品に10倍の
 価格を付けるのがちょうどいいらしい。


 展示会で出店するのにも
 数十万円かかりますので
 ガチの輸入ビジネスです。


 大須賀さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スモールビジネスをやるならば、「粗利益70%以下のものには手を出すな」と、いつも口癖のように言っています(p29)


・アマゾン転売ビジネスはやってはいけない・・・ネット上の輸入ビジネスは、今売れている商品をみんなが探すわけですから、同じ商品が溢れているうえ、自由な価格設定権がないからです(p106)


・メーカーごと、あるいはブランドごとに独占販売契約を結んでおけば、あなたの気に入った目玉商品が売れなくても、他の商品が予想を裏切って売れることだってあるのです(p138)


・ギャランティを迫られたら、「この数字をターゲットにしょう」と言ってください。ターゲットであればギャランティと違って、売上目標を達成しなくてもペナルティはありません(p172)


・「展示会の期間中にご注文いただけると、総額の10%お引きします」「今ですと、送料無料でサンプル発注を承ります」このように一気に注文を取るところまで話を進めてください(p186)


・あなたがやることは、商品を取り上げてもらいたいメディアに対して、新商品の情報を書いたプレスリリースをFAXかメールで送ることです(p201)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



大須賀祐、集英社


【私の評価】★★★☆☆(72点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 あなたはなぜ、価格を自分で決められないのか
第2章 自分で価格を決める方法
第3章 私が輸入ビジネスを選んだ理由
第4章 何がどう売れる? 事例で見る価格設定のコツ
第5章 BtoB輸入ビジネスのステップ


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: