本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「消費は0.2秒で起こる!人を動かす「脳の法則」」西田文郎

(2020年4月22日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(81点)


■メンタルトレーニングの
 パイオニア、西田先生が教える
 営業の技術です。


 人は理屈で買うのではなく
 買いたいという感情が決めて、
 後で理屈をつけるのだという。


 だから、まずお客様の頭の中に
 ワクワク感(イメージ)を
 与えるのです。


・その商品に対し、イメージ、感情、思考の3要素がすべて肯定的なら、イヤでも「買う」と決断し、購買行動に踏み出します(p40)


■まず、お客様に「オヤ?」と
 思わせるアイデアが
 必要なのだという。


 それは、
 超高額のショコラなのか、
 超おいしそうなウナギの匂いなのか、
 無料サンプルなのか、
 答えはありません。


 ただ、繁盛店に行ってみれば、
 必ず脳をワクワクさせる仕組みが
 発見できるはずなのです。


・No1を作り出せばいいのです・・・
 ・東京都内で一番値段が高い高級コーヒー
 ・名古屋市内で一番大きい驚きのステーキ
 ・税理士に一番使われている電卓(p113)


■潜在意識マーケッティングに
 近い内容だと思いました。


 現代社会は、
 単に良いものを作れば売れる
 時代ではないのです。


 良い商品であるのは当たり前で、
 どう知ってもらい買ってもらうのか
 工夫が必要ということなのでしょう。


 西田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・インチキ占い師・・「振り子の法則」・・「このままだとあなたはまずいことになる」と恐怖心や不安といったマイナス感情をあおります・・「このツボを買えばあなたは幸せになれます」などと安心感や喜びを与えるのです(p48)


・「うなぎの焼けるいい匂い」をかいだだけで、記憶データを瞬時に引き出して、唾液を分泌してしまうのです(p26)


・「撒き餌」は顧客誘導が目的ですから、利益ゼロやコスト割れでも構いません。本命商品で儲かるなら、撒き餌商品は無料でいい(p140)


・「信長の脳になれ」・・・前提条件を疑ってみるという思考法・・多くのことを知った上での否定(p70)


・同一店舗、同一営業マンから5回買うと信者客になる(p149)


・世界一の営業マンはイエス・キリスト・・キリストの後継者たちが、バイブルに与えたストーリーは、「この本を読めば、あなたも救われる」というものです(p91)


・どんなにお買い得であるかを力説しても、お客さまの気持ちは冷えていくばかりです・・・まずはイメージを提示するところから行います・・・「かっこいいですね」「すてきですね」「とてもお似合いですよ」などとイメージから入ります(p59)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ



西田文郎、現代書林


【私の評価】★★★☆☆(77点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

introduction 消費は脳が起こしている
PART1 ワクワクすると買いたくなる!
PART2 お客さまが必ず買いたくなる! 「オヤ? ふむふむ なるほど! の法則」
PART3 お客さまが面白いように集まる! 「おかずの法則」
PART4 お客さまを離さない! 「ジョウゴの法則」
PART5 儲かるようにすべてを変える!
おわりに―新しい時代に向かい仕掛けていこう


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: