「その気の法則」西田 文郎

|

その気の法則

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■社会人になってまず大切なのは、
 自分のやる気をコントロールすること。

 どんな上司の元でも、
 成果を出さなくてはなりません。


 そうしているうちに、
 管理職になると、
 人を動かすことが大事になってきます。

 つまり、部下をやる気に
 させることができるのか、
 ということです。


・世の中には「その気」にさせている人(あやつっている人)と、
 「その気」にさせられている人(あやつられている人)が
 いますが、多くの人はあやつられる側にいます(p63)


■上司の権限で部下を動かすことはできるでしょう。

 ただ、本当の意味で、
 同志として動いてくれるかどうかは
 自分しだいです。


 その人をその気にさせる
 器があるのか。

 テクニックもありますが、
 最終的には全人格的なものが
 試されるのだと思います。


・いちばん効果的なのは、叱ったあとに
 褒めてあげることです。
 なぜ、叱ったあとに褒めるのがいいのかわかりますか?(p90)


■「やる気」についてよくまとまった
 一冊だと思いました。

 自分をコントロールでき、
 人もコントロールできれば、
 何でもできますね。


 西田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・苦しいときこそ、
 自分をあやつられなければ
 成功は手に入りません。(p128)


・「その気」をコントロールするのにいちばん必要なのが
 「ワクワク」する気持ちです。(p24)


・「できた」という達成感、そして「自分はすごい」
 という自信と自己肯定感を持つことが、
 また新たに「その気」を作り出すのです(p51)


・部下を叱れないのは自分にあやつり力がないからです。
 上司は部下を信頼しているからこそ叱ります。
 改善すべき点を指摘しなければ、
 部下はスキルアップしていきません(p88)


その気の法則
その気の法則
posted with amazlet at 13.01.20
西田 文郎
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,505

【私の評価】★★★☆☆(72点)

■目次

第1章 大成功する人たちに共通する「その気」の法則
第2章 他人を「その気」にさせて、飛躍する
第3章 自分を「その気」にさせれば不可能が可能になる!
第4章 ピンチのときこそ、「その気」になる!
第5章 「その気」が日本を元気にする!


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)