「ウラ目の法則」西田文郎

|

いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える㊙テク

【私の評価】★★★★☆(88点)


■メンタルトレーニングで三十年、
 88万円の経営者向けセミナーが
 予約でいっぱいの西田さんの一冊です。


 この本の"ウラ目"とは、
 人生でうまくいかないこと。


 だれにでも、
 何をしてもウラ目に出る経験が、
 あるものです。


 そうした人生でうまくいかないときに、
 どう思い、どう判断し、
 どう行動するかで、
 その人の人生が変わるのです。


・人間の脳は、どんなことでも
 本気を出してグッとのめりこんでやっていると、
 かならずおもしろさを感じられるようになるものです(p33)


■新しい職場に移って、
 「こうしたほうがいいのでは」
 と提案したら、
 「人の仕事に口出しするな」
 と言われた。


 「こういう実験をしたいのですが」
 と提案したら、
 「急に言われても困る。思いつきじゃないのか」
 と言われた。


 新しいことをすると、
 どうしても抵抗があるものです。


 そういうときに、
 どうするかということ。


・ほとんどの人が逃げ出してしまいますが、
 どんな分野でも、嫌なことを克服するまで楽しんでやると、
 人はかならず進化するのです(p49)


■その答えは、この本にありますが、
 同じことがナンパにも言えるそうです。


 例えば、ナンパがうまくいく人は、
 単に数多くナンパしているだけで、
 断られても、断られても、
 ナンパを止めない人なのです。


 めげずにナンパしているうちに
 ときどきうまくいく場合があって、
 そうしてコツをだんだんと習得していく。


 これが"ウラ目"の法則というものです。


・ナンパして、「お断り」というウラ目が出たとき、
 そこで後退するのが一生モテない男で、
 次回どうやったらうまくいくかを考えて
 行動し続けるのがモテる男(p146)


■「努力し続けられるのが、本当の天才」
 と言われますが、
 それをわかりやすく説明してくれる
 一冊でした。

 私は西田先生のセミナーを
 三日間ほど聴講させていただいたことがあります。


 このメルマガが9年、2700号を超えたのも、
 西田先生のセミナーのおかげかもしれません。


 西田先生、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・努力は準備運動に過ぎません。
 努力してウラ目が出たときがスタートなのです。
 成功者はそれを知っているから成功できるのです。(p25)


・不器用な人間ほど伸びる・・・ 
 不器用な人間は一生懸命やるからです(p51)


・年収二千万円のライターさんと、ジリ貧のライターさんの
 何が違うかと言ったら、提示された条件に対し、
 「私はその条件ではできません」と、
 きっぱり主張できるかどうかです(p184)


【私の評価】★★★★☆(88点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)