本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ビジネスモデル全史」三谷宏治

(2020年2月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(86点)


■ビジネスモデルとは、
 お金を稼ぐ仕組みのことです。


 例えば、髭剃りは替え刃で稼ぐ。
 プリンターはインクで稼ぐ。
 これは「替え刃モデル」です。


 また、カードはお客は手数料無料。
 (お店が手数料を負担)
 グーグルは検索は無料で広告で稼ぐ。
 これは「無料モデル」です。


 なぜ、PayPayが「100億円あげちゃう
 キャンペーン」をやるかといえば
 スマホ決済の覇権を狙っているからでしょう。


・クレジットカードを一般顧客に(無料で)広くばらまき、小売店などビジネス側への課金で収益を上げるという点で、後に述べる「フリーミアム」の一種といえるでしょう・・今や全個人決済の15~45%(日本15%、フランス32%、イギリス38%、韓国43%、アメリカ45%・・)をも占める、強固な社会インフラです(p32)


■私が印象的だったのは、
 髭剃りのジレットが
 意識して「替え刃」事業を
 創業したということです。


 ビジネスモデルが確固であれば、
 新規事業でも成功する確率が
 高まると考えられます。


 自分に関係することで
 いずれかのビジネスモデルが
 適用できないか考えると
 面白いと感じました。


 ビジネスモデルを考える切り口として
 この本が役立つと思うのです。


・王冠を発明したのは、まさにその会社の社長であるウイリアム・ペインター・・・彼もジレットにアドバイスします。「君も、一度使ったら捨てられてしまうものを発明しろ。そうすれば客が安定するぞ」(p99)


■企業が存続していくためには
 継続的に事業を見直し、
 新製品を出していく必要があります。


 他社のビジネスモデルを分析する
 ことで、自分の事業を今の時代に
 合わせて見直しできないか。
 まだまだやれることがありそうです。


 三谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・米NASDAQには年間数百を超える企業が新規公開し、その9割方が数年で登録取り消しになっています・・日本では新規公開が全体で年間40件しかなく、取り消し率も2割程度に過ぎません(p117)


・「ペイパルマフィア」・・・YouTube、LinkedIn、Yammer、IronPort、TESLA、Yelp、そして37頁に登場したSquare。すべてペイパルの幹部や従業員たちによって2002年以降、創業された会社です(p197)


・エバーノート(Evernote)のCEOフィル・リービンは、「フリーミアムが機能するまでには、時間を必要とする」」と語りました。事実、同社の無償ノート・アプリを使い始めたユーザーが、1ヶ月以内に有償ユーザーになる確率はたった1%以下でしたが、2年以上の利用者になると、それは12%に跳ね上がっていました(p224)


・P&Gのコネクト+ディベロプメント・・・
 外部からのアイデア3000~4000
 ↓
 本部選別1200~
 ↓
 事業部選別
 ↓
 開発対象150~(p269)


・サン・マイクロシステムズの共同創業者ビル・ジョイがこう表現しました・・
 <ジョイの3法則>
 1 頭のいい社員は仕事をしない
 2 もっとも頭のいい人間の大半は、
   企業のためには働かない
 3 よって、イノベーションはよそ
  (企業の外部)で生まれる(p304)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



三谷宏治、ディスカヴァー・トゥエンティワン

【私の評価】★★★★☆(86点)


[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

序章 お金にまつわる5つのビジネスモデル革新
第1章 ビジネスモデルとは何か?
第2章 近代ビジネスモデルの創生期
第3章 近代ビジネスモデルの変革期
第4章 世紀末、スピードとITによる創造期
第5章 リアルを巻き込んだ巨人たちの戦い、小チームの勃興
第6章 どうビジネスモデル革新を起こすのか?
補章 今、日本から世界に挑戦できること


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: