本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「期待以上に人を動かす伝え方」沖本 るり子

(2020年2月25日)|

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■仕事で使う説明の作法、
 伝え方をまとめた一冊です。


 仕事は雑談ではありませんので、
 短時間で必要十分な内容を
 伝えなくてはなりません。


 聞いている人が
 「何を言っているのかわからない」
 「唐突感があるんですが・・」
 と言うようではまずいわけです。


 順序だてて論理的に、
 具体的に説明する
 必要があるのでしょう。


・最初に「今から何を伝えるか」を宣言することで、相手は話を聞く準備ができます・・「林さん、お願いがあるんです。お願いことは、・・・(p43)


■後半の応用編は、
 実務で使っていくために
 訓練が必要だと思いました。


 ダラダラ話す人は短く話す。


 自分のことばかり話す人は、
 相手の思いや行動を繰り返して
 受け止めてあげる。


 注意するなら、
 普段の感謝を伝えてから
 お願いする。


 わかっていても
 なかなか言えないのが
 コミュニケーションなのでしょう。


・代替案はないが、反対の意思表示をしたい・・・「そんな考え方もあるんですね。なお、私には提案できるものがなく、申し訳ありません。納得感がまだないので、今は賛成できないだけです(p149)


■相手を尊重しつつ自分の思いを伝える
 アサーション(assertion)は
 日本人にとっては壁だと思いました。


 感情は横に置きつつ、
 相手を尊重することを言う一方で、
 伝えるべきは伝えるのが難しい。


 なお、同じことを言っても
 相手との信頼関係によって
 結果は大きく変わりますので、
 その点は別の配慮が必要です。


 沖本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・相手に動いてもらうためには、依頼事には必ず「いつまでに」という期限も併せて伝えましょう(p81)


・アルバイトに注意したい・・・普段の感謝+お願いごと(p143)


・謙虚さは美徳ではない!・・・
 ×「お口にあうかどうかわかりませんが」・・
 ○「丸の内でお土産人気1位という評判の限定ものです(p75)


・期待以上に動いてもらえる人に・・・お水を飲ませてください。のどが渇いて倒れそうなんです。財布には7000円しか入っていません。のどを潤せば、今すぐAさんの苦手な資料分析のお手伝いができます。今、お水を飲ませてください(p34)


・仕事を丸投げしてくる人に・・・「先輩、任せてくださってありがとうございます。ただ、先輩にもご協力いただきたいです。現状は、休憩なしで作業しても間に合いません。なぜなら、私の仕事の速度では、先輩ほど速くないからです。先輩にもご迷惑をかけることになると考えられます。先輩のご協力があれば、時間内に終え、先輩の評価がさらに上がります。先輩、ぜひご協力ください」(p165)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



沖本 るり子、かんき出版

【私の評価】★★★☆☆(76点)


[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

Chapter1 "伝える"のゴールは「相手を動かす」こと
Chapter2 人に動いてもらえない伝え方
Chapter3 人が動き出す伝え方
Chapter4 人が"期待以上"に動き出す伝え方
Chapter5 こんなときどうする? 人を動かしたいシーン別伝え方


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: