本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本を貶め続ける朝日新聞との対決全記録」ケント・ギルバート、山岡鉄秀

(2020年1月27日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(86点)


■外資系企業ビジネスマンの経歴を持ち
 オーストラリアで慰安婦像設置と戦った
 山岡さんとケント・ギルバートさんによる
 朝日新聞の英語圏プロパガンダの告発です。


 朝日新聞は慰安婦に関する英文記事で
 セックスを強制されたという表現を
 入れるという慰安婦プロパガンダを
 行っているという。


 本件については山岡さん、ケントさんが
 朝日新聞に申し入れをしましたが、
 朝日新聞は変更を拒否しています。
 二人の朝日新聞の慰安婦プロパガンダ
 への疑念は確信に変わったという。


 また、慰安婦報道が虚偽であったという
 謝罪の英文記事は外部から検索されないように
 されているだけでなく、リンクをたどっても
 記事まで辿りつきにくいようにしていたという。
 (検索されないnoindexは後日修正)


 さらに慰安婦報道が虚偽であったという
 英文記事は、朝日新聞のサイト内で
 検索しても表示されず、有料データベース
 でしか検索できないのです。


・朝日新聞の英字記事では、慰安婦に関する報道で、<forced to provide sex>、つまり「セックスを強要された」という定型文を必ず入れてきます・・・これはケントさんのようなネイティブスピーカーからすると、「物理的な強制によって性行為を余儀なくされた」というイメージを与える表現なんですよね(山岡)(p39)


■また、朝日新聞でよく見られる
 一部だけ切り取る手法の例として
 河野談話の切り取りを紹介しています。


 朝日新聞は「慰安婦の多くは
 日本の植民地だった朝鮮半島出身
 だった」と報道します。


 しかし河野談話では、「慰安婦の
 出身地については、日本を別とすれば、
 朝鮮半島が大きな比重を占めていた」
 とあり、慰安婦の多くは日本人なのです。


 河野談話が意図的にあやふやな
 表現とされているだけでなく、
 朝日新聞も意図的に切り取って
 報道しているのす。


・河野談話の切り取り・・朝日新聞は「慰安婦の多くは日本の植民地だった朝鮮半島出身だった」と英語記事に繰り返し書いて、あたかも慰安婦の大半は朝鮮人で、植民地から強制的に連れてこられた、という印象操作を行ってきた・・・河野談話をよく読むと、「慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていた」と書いてある。これは、日本人慰安婦が一番多かったことを示唆している・・(山岡)(p126)


■山岡さんは、前の大戦中にゾルゲと
 組んで日本を英米戦争に向かわせた
 朝日新聞社社員尾崎秀実の亡霊が今も
 活動していると仮説を立てています。


 つまり、日米、日朝関係を破壊して、
 日本を孤立、破滅させることで
 共産革命を起こそうという同じ工作が
 おこなわれているように見える。


 中国、韓国政府の支援を受ける海外の
 抗日連合会などの中華・朝鮮系団体と
 日本の一部政治家、弁護士、マスコミが
 有機的に連携をとりながら活動して
 いるという事実があるのです。


・アメリカで抗日連合会などの中華系団体は在米韓国人に近づき、彼らの精神構造を利用して慰安婦像を建て、日米の信頼を崩して離間に結び付けようとしている・・・日本人を悪者に仕立て、ひいては日米分断にまで影響を及ぼそうということですよ。日本はひどい、野蛮だ、人権無視の国家だ・・中国共産党はここまで考えている。これは戦時プロパガンダと全く同じです(ケント)(p29)


■先の大戦において、
 日本はなぜ国際的に孤立し、
 勝てない戦争に向かってしまったのか、
 というのは大きな謎です。


 しかし、同じようなの謎が
 現代も同じように起こされようと
 しているのかもしれないと
 感じました。


 山岡さん、ケントさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・英文タイトルというタグを埋め込んでいたのです・・吉田清治証言を虚偽と判断した記事の英訳を、googleなどの検索エンジンが見つけられないようにする命令を埋め込んでいたのです(山岡)(p86)


・検索回避タグは削除されたにも拘わらず、慰安婦関連の問題記事は依然として朝日新聞サイト内における検索では検出できない・・朝日新聞の有料データベースでは、慰安婦関連記事の英訳は英語記事として収録されていた(p124)


・朝日は「その英語表現がいまなお誤解を生んでいるで、止めてください」と指摘しても、絶対に直さない。「事実と違う情報で日本人が被害を被っています」と言っても、絶対に表現を変えないのですから(山岡)(p36)


・朝日が本当に意図していないとしても、結果的に印象操作になってしまっている・・それを指摘されても直さないというのはやっぱり「強制連行があったと思わせたい」という動機があるのではないかと疑うことには十分すぎる合理性がある(ケント)(p62)


・彼らは「事実とは違う」ことも、「この表現が事実とは違う印象を与えるものである」ことも、分かってやっている・・朝日新聞はこの報道は「報道」ではなく、「プロパガンダ」だということです(p70)


・このわざと曖昧に書いた河野談話を当事者の韓国は「慰安婦の募集、輸送、慰安所の運営において全般的な強制性があったことを認めたものと理解する」という声明を発表している。そして日本政府が即座に反論しなかったので、その見解が一般的に定着してしまったのだ(山岡)(p149)


・日本政府や外務省が発信する文書の英語表現も、まるで日本がとんでもないことをしでかしたような印象を抱かせるものになっていて、逆効果になっています(山岡)(p32)


・かつて、朝日新聞社社員の尾崎秀実(ほつみ)は、ソ連コミンテルンの工作員として「日中戦争を泥沼化させ、日本と英米を戦わせ、日本を壊滅させ、敗戦の混乱に乗じて共産主義革命を実現する」という「敗戦革命」実現のために赤軍のスパイであったゾルゲと組んで謀略の限りを尽くした・・朝日新聞の吉田清治キャンペーン以降、日韓関係は悪化の一途をたどり・・総じて朝日新聞の工作が成功したと言ってよいだろう。尾崎の魂は朝日新聞に宿り続けている(山岡)(p168)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ




ケント・ギルバート、山岡鉄秀、飛鳥新社

【私の評価】★★★★☆(86点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 海外歴史戦の現状と朝日新聞の英語報道
第2章 申入れ実施と朝日とのやりとり
第3章 検索回避問題の発覚と支離滅裂な回答
第4章 朝日新聞との個人的因縁(山岡鉄秀)



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: