本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典」小川 仁志

(2020年1月28日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■世の中には「哲学」というものを
 考え続けることで、
 一生を終える人がいます。


 この「哲学」の世界では
 社会で成功哲学と言われるものが、
 「実存主義」に似ているという。


 つまり、実存主義では理念より
 現実が優位あるということ。
 人はただそこに存在するのです。


 よって人は自分で自分の行動を
 選択できるのであり、
 その選択により自分の運命を
 決めることができるのです。
 (ちょっとわかりにくいか?)


・「実存主義」とは、人間の存在を重視し、自分で人生を切り開いていくべきだと主張する思想である・・人間は「自由の刑」に処せられているのだ。どんな行動をしてもそれに責任を負わなければならないのなら、自らが納得するよう積極的に行動したほうがいい(p212)


■面白いところは、
 考え方に名前をつけることで
 「哲学」になってしまうことです。


 たとえば、テレビ番組
 「24時間テレビ 愛は地球を救う」を
 見ながら、普通の番組をやることにして
 1日分のテレビ局の収益を寄付したほうが
 効果的ではないのか、と思ったとします。


 それに「効果的な功利主義」と名付けると
 それが哲学となるのです。
 考え方に名前をつけるのが哲学的な
 コツなのかもしれません。


・「効果的な功利主義」・・・たとえば、慈善団体で働くよりも、金融業界で儲けてたくさん寄付したほうが、より多くの人を助けることができる(p82)


■ビジネスの世界にも、哲学に
 相当する考え方がたくさんある
 ように感じました。


 「ビジネス哲学」と名付けると
 これも一つの研究分野として
 やっていけるかもしれません。


 新メールマガジン
 「一日一冊:ビジネス哲学」は、
 どうでしょうか。


 小川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ロゴス(論理)、パトス(感情)、エートス(信頼)はスピーチの3条件とされる。信頼できる人がわかりやすく感情をこめて話すことで人を説得できるという(p13)


・「ポピュリズム」とは、大衆迎合主義とも訳される・・・ポピュリストたちは、反エリート主義者たちのニーズに合うような、口当たりのいい物語を提示する(p77)


・功利主義・・最大多数の最大幸福・・私たちの社会はこの功利主義に基づいて設計されている。たとえば、交通事故による死傷者が出るのをわかっていながら、便利さを優先して車社会を続けているのはその証拠である(p81)


・ニーチェによると、弱者は実際に強者にかなわないことから、想像上で復讐しようとする・・弱者は自らを善いものと思い込むようにする・・楯つかないのは、自分が善良だから・・・臆病なのは謙虚であって、服従は恭順なのだといい聞かせるわけである。そして、これこそがキリスト教の道徳だというのだ(p209)


・「いき」の概念は、日本特有のもの・・その本質は、芸者と客との男女関係にある・・具体的には、「いき」を構成する要素として、媚態、意気地、諦めの3つが挙げられる・・媚態とは・・あくまで可能的関係を保つ・・一定の距離を置いた関係・・次に意気地とは・・毅然とした態度である。さらに諦めとは・・未練を捨てて・・(p195)


・哲学カフェ・・私のカフェでは次の3つのルールを定めている。
 1 難しい言葉を使わない
 2 人の話をさえぎらない
 3 全否定をしない(p72)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ




小川 仁志、SBクリエイティブ

【私の評価】★★★☆☆(76点)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

PART1 考えるためのツール30──論理的思考・アイデア発想
PART2 世界を知るためのツール20──政治経済・グローバル社会
PART3 未来を読むためのツール30──近未来社会・テクノロジー
PART4 人を動かすためのツール20──組織・人間関係



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: