本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「入社3年目からの問題解決」小川 仁志

2021/05/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「入社3年目からの問題解決」小川 仁志


【私の評価】★★★☆☆(76点)


内容と感想

 問題解決、コンサルタント向けの本かと思って手にしましたが、アイデアや解決法を発想するための方法が説明されていました。関係するデータを集めたり、付箋紙にアイデアを書いたり、グループで模造紙に書き込んだり。そしてアイデアを整理して、構造化したり抽象化して、3つにまとめてみたりする。当たり前のアイデア出しですが、著者は哲学を研究しているせいか何でもかんでも哲学に関係させていくのです。


・オーストリア出身の哲学者ウィトゲンシュタインは、頭を整理するために家を設計したといいます・・・なんでも建築物に見立てることで、構造のしっかりした思考ができる(p74)


 面白いのは無理やり感がありながらも哲学者の思考と組み合わせて発想法を説明できているところ。例えば、グループで模造紙にアイデアを書いていくブレインストーミングは、イギリスの哲学者ジョン・ロックがタブラ・ラサと呼んだ心の白紙似ている。また、ビジュアル化、図解については哲学者フュームが人間は「知覚の束」と定義したこととぴったり一致する。現代の発送法と先人の哲学の共通点が示されると新鮮な感覚です。


・フーコーは、権力の恐ろしさを暴いてきた・・・囚人たちは終始監視されていると思い込み、自分を律するようになる・・IoTのおかげで、私たちの生活がすべて管理されていく(p57)


 アイデアとは既存のアイデアの組み合わせであると言われます。その組み合わせを発想するために哲学の考え方が応用できることが新鮮でした。この本の本質は書いてある内容に存在するのではなくて、この本をきっかけに物事を深く考えることだと感じました。哲学というと堅苦しく感じますが、思考の切り口、フレームワークと考えれば、面白い道具になるのです。小川さん良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・やりたいことのイメージを膨らませていってください。ここでは具体性がカギを握ります。具体的でリアルであるほど、燃えてきます(p108)


・アインシュタインもADHD・・・フランスの思想家ミッショル・フーコーは、中世までは神がかりのある人は文字通り神のような存在だったのに、近代になると皆精神病院に閉じ込められてしまったと論難しています(p139)


・フランスの思想家パスカルにいわせると、人間の営みの多くは退屈しのぎのためのものなのです・・・そうせ暇をつぶすなら、面白いほうがいい(p195)


・人生の失敗をネタにします。これによって相手の心を開くのです・・・商売と同じで、あえて下手に出て相手を喜ばせているだけなのです(p122)


・模造紙はグループなど複数人でアイデアを出し合う際に使うことが多い・・・アイデアは大きな紙に書いたほうが自由度が増す(p72)


・セレンディピティの偶然性は、本当の意味での行き当たりばったりとは少し異なります・・・偶然の出会いを求めていない人には、偶然出会える確率は低くなる(p189)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「入社3年目からの問題解決」小川 仁志
小川 仁志、実業之日本社


【私の評価】★★★☆☆(76点)



目次

第1週 「テクノロジー」を思考の道具にする
第2週 「身の回りのモノ」を思考の道具にする
第3週 「日常」を思考の道具にする
第4週 「抽象的なもの」を思考の道具にする


著者紹介

 小川仁志(おがわ ひとし)・・・徳山工業高等専門学校准教授・哲学者。1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒業。名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。専門は公共哲学。「哲学カフェ」を主宰


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: