人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「就活と採用のパラドックス」尾藤 克之

2015/11/18本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

就活と採用のパラドックス


【私の評価】★★★★☆(80点)


要約と感想レビュー

■今年の就職活動は、2カ月前倒しの
 6月からになりそうですね。


 いろいろやってみれば、
 ほどよいスケジュールに
 落ち着くのではないでしょうか。


 さて、今日は、
 そうした就職活動について
 採用コンサルタントの視点から
 アドバイスを受けてみましょう。


・1990年当時、18歳人口は約200万人いました。その中で大学に進学するのは25%(約50万人)。今の18歳人口は120万人で、・・進学率は58.7%(約70万人)に増加・・(p15)


■まず、就職先選びは、
 自分のレベルに合った会社に
 することだという。


 例えばあなたが非常に優秀だったとしても、
 東京大学、京都大学、早慶・・が、
 ごろごろいる会社では
 競争前から勝負が決まっている可能性が高い。


 それならば、
 自分の優秀さを生かせる
 そこそこの会社を選ぶ
という
 選択肢もあるはずです。


・就活にとって重要なことは、大手有名企業に入社することではなく、自分のレベルに適合した会社に入社することです・・・やり易いポジションで仕事をすることが可能となるでしょう(p34)


■そして、面接では、
 インパクトを与える。


 ただ、経験を説明するだけではなく、
 そこから学んだことを強調する。


 そうした常に成長しようとする
 人間を印象付けることが大事なのですね。


 尾藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・このように経験のなかから何を学んでいるかを明確化すれば印象が変わってきます・・企業は「デキる人」「デキそうな人」が欲しいのです。「デキる人」「デキそうな人」は、お決まりのトピックで型にはまった話はしないでしょう(p52)


・SNSは不適切な学生を発見するツールとして、活用されているのが実情でしょう。これらの日記や書き込みを見れば、一般常識のみならず文章がまともにかけない学生も多いことが、容易に露呈してしまうことになります(p142)


・「嫌なコーチ」「信頼できないコーチ」に、アドバイスをしてもらうほど苦痛なものはありません・・コーチングにとって重要なことはテクニックやスキルではなく「信頼関係である」ということです(p114)


・入社後の配属される部は当然ながら人事部が決定することになていますから、学生の希望通りになることはまずありません(p56)


・従来、採用市場には「753の法則」というものがありました。それは、新卒で就職してから3年以内に離職する割合が、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割というものです・・(p10)


就活と採用のパラドックス
就活と採用のパラドックス
posted with Amazonアソシエイト at 15.11.17
尾藤 克之
パブラボ
売り上げランキング: 970,408


【私の評価】★★★★☆(80点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


目次

第1章 あまり知られていない採用市場の実態
第2章 大学にとっての就活の位置づけとは
第3章 これを知ると3歩リードできる就活の実態
第4章 採用と就活のミスマッチ
第5章 企業の採用という仕事
第6章 採用メソッドのトレンドを斬る
第7章 SNS採用の方向性は
第8章 就活と採用のEQ革命とは


著者紹介

 尾藤克之(びとう かつゆき)・・・東京都出身。マネージングディレクター。衆議院議員秘書、大手コンサルティング会社、IT系上場企業等の役員を経て現職。人間の内面にフォーカスしたEQメソッド導入に定評があり、リスクマネジメント協会「正会員認定資格HCRM」監修、インデックス「公式サイトEQ診断」監修、ツヴァイ「結婚EQ診断」監修など多方面で実績がある。社会貢献事業(アスカ王国)を運営。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: