本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「即効! 成果が上がる 文章の技術」尾藤 克之

(2018年11月19日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

即効! 成果が上がる 文章の技術 (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■ニュースサイトへの投稿で
 数百万ページビューを記録する
 コラムニストの文章術です。


 いい文章とは、
 読む人に伝えたいことが
 伝わる文章のこと。


 そして、いい文章とは
 最初の3行で読む人に
 「なんだこれは!」と
 思わせる文章なのです。


・これまで反響のあった記事の見出し・・・
 〇シュークリームはダイエット食である
 〇食べていると確実に死に近づく食べ物
 〇上司の言葉の暴力を「バラ色」にかえて乗り切る方法
 〇「1分の遅刻」はいくらの損失なのか
 〇無地とチェック。デキる人のワイシャツはどっち(p226)


■後半に著者の数百万ページビューの
 記事例が出てきますが、
 いずれも切り口が面白い。


 なぜトイレを化粧室と称するのか。
 なぜシンデレラの靴の魔法は解けないのか。
 なぜシュークリームはダイエット食なのか。


 こんな問いかけをされたら、
 誰でも読みたくなってしまいます。
 それも著者の計算の内なのです。


・最初の100文字はとくに重要です。この3行で読者の心にフックが掛からないと読んではもらえません(p36)


■エジソンは
 「天才は1%のひらめきと99%の努力」
 と言っていました。


 著者は
 「文書は1%の内容と99%の書き方」
 と言っているように思いました。


 伝えたい内容は大切だが、
 それだけでは人は読んではくれない。
 読んでもらうための
 書き方の工夫が必要なのです。


 しかし、その努力も
 内容がなければ読む価値はない
 ということです。


 私もまだ修行が
 足りないと思いました。


 尾藤さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「文書を書く目的とは何か?」。まずはそこから考えてみましょう(p32)


・ニュースサイトの記事・・・タイトルがサマリーの役割を果たし写真(画像)がイメージを増幅させるものでなければ読者は読もうとはしないでしょう(p204)


・文章力UPには他人の作品から学ぶのが一番!(p88)


・「うまいと思える文章と出会う」ことがあると思います。私は、そのような文章を見つけたらチェックするようにしています・・「なにに対してそう思ったか」を自分の目で分析してみるのです(p45)


・読者に伝わるのはリアリティ。事実の描写は迫力がある!(p166)


・漢字と平仮名の比率は3対7が基本!(p60)


・「最も伝えたい主張」を繰り返し主張することで、読者は、自然に「その主張」を受け入れやすくなる(p142)


・1 1日空けてから読み直す・・
 2 印刷して読み直す・・
 3 声に出して読み直す(p86)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


即効! 成果が上がる 文章の技術 (アスカビジネス)
即効! 成果が上がる 文章の技術 (アスカビジネス)
posted with Amazonアソシエイト at 18.11.17
尾藤 克之
明日香出版社
売り上げランキング: 4,938

【私の評価】★★★★☆(88点)


[楽天ブックスで購入する]


※尾藤 克之さんが出演しているメディア情報
AbemaPrime "連日お騒がせ"片山大臣が国会通行証でも疑惑! 国会の安全対策は? (18/11/12)
https://abematimes.com/posts/5205217



■目次

はじめに 時代が変わっても必要とされるもの?
第1章 成果が上がる! マインドセット
第2章 まずは「基本スキル」を身につけよう
第3章 文章の「やってはいけない! 」
第4章 「説得力」を高める技術
第5章 「好感度」を高める技術
第6章 とっておきの「読ませる」技術
第7章 とっておきの「伝える」技術
第8章 うまい・伝わる! 実践ワーク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: