本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「頭のいい人の読書術」尾藤克之

(2020年3月17日)|

【私の評価】★★★★☆(83点)


■コラムニスト、テレビ出演など
 活躍している尾藤さんの読書術です。


 尾藤さんは1冊10分で読み、
 30分で書評を書いてきたという。


 私の場合は1冊40分で読み、
 2時間で書評を書いてきたので
 私の4倍の効率です。


 その秘訣は、100%読まなくても
 だいたい分かるということ
 らしいのです。


・「はじめに」「おわりに」「第1章」を読めば、内容の7割はつかめる(p32)


■どうすれば10分で読んで
 30分でアウトプットできるのか。


 それはビジネス書の場合、
 その本を読みながら
 その本の伝えたいことの
 「共通ポイント」を理解すること。


 そのために本の主題を把握し、
 「隠れたテーマ」を探すのだという。


 「隠れたテーマ」とは、例えば
 「読んでも実行しなければ意味がない」
 といったコツ、本質のようなものです。


・忘れないようにするためには・・・人に話したり、文章にまとめること・・本に直接書き込む・・(p140)


■自分の好きなように
 楽しく読むという基本を
 押さえていることが印象的でした。


 時間は限られていますので、
 その中でいかに読書をして
 アウトプットするのか。


 尾藤さんの場合は1時間が
 精一杯であり、私の場合は
 2時間ほど時間があった、
 ということなのでしょう。


 尾藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・読書習慣をつける3つの方法・・
 1 読書日記をつける・・
 2 まずは手軽な文庫本から・・・
 3 目に見える場所に本を置く(p57)


・10分で内容の60%が理解できたほうが楽しいよね(p106)


・政治家の秘書として時間を管理したり、講演時間の進捗を確認するにはキッチンタイマーが便利・・(p162)


・日経新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞の4紙を購読しています・・・経済紙は、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、日経ビジネスの3誌・・シンクタンクで公開されているレポートを読む(p183)


・アウトプットする3つのテクニック・・最初に結論を書く・・・最後まで読ませる「仕掛け」を入れる・・文章量を1000~1500文字程度に増やしてみましょう(p204)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



尾藤克之、すばる舎
【私の評価】★★★★☆(83点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 頭がいい人の読書は何が違うのか?
第2章 本は全部読まなくてもかまわない
第3章 頭がいい人は、読んだら忘れない仕組みをつくっている
第4章 頭がいい人のネット・新聞・雑誌の読み方
第5章 頭がいい人は、本を読んで終わりにしない


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: