本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「セールスの絶対教科書」岡根芳樹

(2020年3月16日)|

【私の評価】★★★★★(96点)


■著者は20代で劇団を主催し、
 大借金を作ります。
 その借金を返すために
 フルコミッション営業の世界に入り
 No.1になったという。


 さらにはその演劇の技術を応用した
 営業技術を組織内で伝授し、
 その販売組織をトップに押し上げた。


 その営業技術がこの本に
 台本の形で書かれてあるのです。
 主人公が後輩にその秘訣を
 教える演劇となっています。


・相手を惹きつけるには・・
 安心 不安を取り除け
 本音 本音を語れ
 何故 何故あなたに売りたいのか!(p135)


■本の面白いところは、
 台本自体が面白い!!


 訪問販売で断られたときには、
 「ちょうどよかった・・・」
 という魔法の言葉を使う。


 小さいYES、YESを顧客に言わせて
 納得させる。


 クロージングの前には
 欠点を言ってじらす。


 そんな営業テクニックを
 ギャグを入れた演劇の中で
 笑いながら学べるのです。


・セールスはドラマのワンシーンじゃと思え。初めからうまくやろうと思わずに、むしろ逆じゃ。初めはドラマを盛り上げるためにわざと失敗するようにやってみろ(p103)


■究極のセールスのツボは、
 テクニックだけではなく
 使命感なのだと思いました。


 なぜこの商品を売るのか。
 そこに本当の価値がなければ、
 やる気は維持されないのです。


 この本を読んで、
 演劇とはこんなにも面白いものなのか、
 営業とはこんなにも深いのか、
 ということを再発見しました。


 この本は「読書のすすめ」の清水さんの
 おすすめで購入したので、ぜひ
 「読書のすすめ」で購入してください。

 岡根さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ポイントは、何度も小さなYESを取って、少しずつ価値観を変えていくことだ・・・「少しは自分も間違っているかもって思わない?」と言われれば「そうかもしれない」と思うものだ(p17)


・真面目になるな、馬鹿になれ!・・馬鹿になって失敗を喜べ!・・・失敗したということは、挑戦したという証拠!・・・失敗するたびにおめでとうと言え!(p117)


・あと少しで契約か、というときにあえて欠点を言う。「じらす」というスキルだ(p225)


・それまで百万円が高いと感じていたのは、ただ物を売ろうとしていたからなんだ・・・百万円で、下がり目の人生を選択しようとしている子どもの人生のターニングポイントを切り替えてやる。下がり目の人生を上がり目に切り替えるのに、百万は高いと思うか?(p241)


・今も昔も天才と呼ばれる人たちは、計り知れない努力を積み重ねているんだ・・・「自分にはそんな力はない」と言っている人間は、簡単に得られないものを、いらないものにすり替えてしまう臆病な怠け者だ(p29)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



岡根芳樹 、エイチエス

【私の評価】★★★★★(96点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第一幕
・現在 SCENE1
・三十年前 第一場
・現在 SCENE2(幕前)
・三十年前 第二場
・現在 SCENE3(幕前)
・三十年前 第三場
・三十年前 第四場
・三十年前 第五場
第二幕
・現在 SCENE1(幕前)
・三十年前 第一場
・現在 SCENE2(幕前)
・三十年前 第二場
・現在 SCENE3(幕前)
・三十年前 第三場
・三十年前 第四場
・現在 SCENE4(幕前)
・現在×三十年前 最終SCEN


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: