「過去は自由に変えられる」佐藤康行

| コメント(0) |

過去は自由に変えられる マジックミラーの法則

【私の評価】★★★★☆(85点)


■母が亡くなった・・よかった・・
 実家が焼失した・・よかった・・
 脳出血で倒れた・・よかった・・


 なんだ!?この能天気さは?
 と思いませんか。


 もちろん、母が亡くなり、
 家がなくなったときは、
 悲しくなります。


 しかし、
 その悲しみを抱いて、
 一生、生きていくのかどうかは
 自分で選べるのです。


 著者は、あるときから
 つらい過去の思い出の
 良い面を見ることが
 できるようになりました。


・私の実家が父の不注意で家事を出し、
 全焼失しました・・ですが、
 それでよかった、と今は心から言えます。
 私はそのおかげで、火が点いたように
 やる気になった
のです(p93)


■過去の事実は変わりません。


 しかし、その過去を
 どう受け止めるのかは
 変えることができるのです。


 松下幸之助も

 お金がないから、お金を大切にした
 学歴がないから、素直に学んだ
 体が弱いから、人に頼むことができた

 と言っています。


 その出来事をどうとらえるかは、
 自分で選べるのです。


・多くの人が「過去に生きています」。・・
 過去の記憶やトラウマに逃げ込んで、
 今を最高に生きることから逃げているのです。
 過去に逃げずに、過去は活かすものです。
 過去に逃げずに、過去をすべてあなたの
 財産にしてください(p246)


■多くの成功者は、
 自分の幸せのために生きています。


 過去の経験に縛られるのではなく、
 過去の経験を自分のために
 役立てているのです。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・●があったおかげで○がある・・
 必然的に過去は自由に変えられるわけです(p173)


・すべてが、あなたにとっては必要な財産。
 全部があなたの宝になっているのです・・
 つらい出来事を「これでよかった」と思い、
 これが本当に自分にとって貴重な経験という
 財産である事実に気づくことです(p108)


・50代の時に、私は母と同じ脳出血で倒れて、
 左半身麻痺になりました・・
 しかし、今思えば、これもよかった・・
 ・体の自由を補うため、より頭を使うようになった。
 ・体の不自由な人の悩みを体感することができた(p96)


・過去を変えるには、悔いてもどうにもならない。
 過去にやったこと、やらなかったことも認めたうえで、
 これからの財産にし、生きるヒントにする(p230)


・突き詰めると、結局は親が原因という例が
 非常に多い。親との記憶に支配され、
 心の問題として表れるのです・・
 本当の解決法は、
 全く過去の記憶や体験ではない世界が
 私たちの中にあるんだ、と気づくこと(p264)


・やはり本当の自分に気づくことが大切なのです・・
 偽りの自分が勝手に理想を描いたりして、
 その視点から「おまえはまだヒヨッコだ」・・
 などと、偽の理想から見ているのです。
 自分や他人が作り上げた理想に振り回されているのです。
 ただ本当の自分を見つめていればいいだけなのに(p269)


・「これで良かった」と書くには、
 質より量です。
 いくつ出すことができますか?・・
 「これでよかった」と思うことを、
 書き出してください。
 声に出して言ってください(p280)


過去は自由に変えられる マジックミラーの法則
佐藤康行
産経新聞出版
売り上げランキング: 8,604

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

はじめに
第1章 過去を変えると人生が劇的に変わる!
第2章 過去を変えるタイムマシンの操縦法
第3章 すべてを見とおす「マジックミラーの法則」
第4章 過去を書き変えた人は、こうなった!
第5章 本当の自分から逃げない生き方


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)