「なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて」石井 裕之

|

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■占い師が使うという
 「コールドリーディング」の手法を
 教えてくれる一冊。


 「コールドリーディング」は、
 なんの情報もないところから、
 相手の素性や性格を推測してしまう。


 シャーロック・ホームズ
 のようなものです。


 ちなみに、
 「ホットリーディング」は
 事前に相手の情報を調査しておく手法です。


相談者の反応を見ながら
 「あ、違ったな」と思ったら、
 そこから話を分岐させる・・
 つまり"ごまかす"・・
 「って、普通の人だったら言うよね」(p179)


■基本は、やはり相手を観察して、
 推定したことを
 当たっても当たらなくも良いように、
 言ってみることです。


 当たっていれば、
 そうですよね。


 当たっていなければ、
 そうですよね。・・・


 どちらに転んでも、
 話を進めて、相手の情報を
 取っていくのです。


・"否定疑問文"を使うことで、相談者がイエス
 答えてもノーと答えても、どちらの場合にもヒット・・
 「・・あなたは猫は飼っていませんよね?(p88)


■「コールドリーディング」とは、
 相手に寄り添うことだと思いました。


 その上で、
 「あなたは、こんな人ではありませんよね」
 と、間違っても大丈夫なように
 話しかけていく。


 寄り添うほどに、
 それは当たるのです。


 石井さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お客さんと会ったら、まず、
 あなたの両手がグ~ッと伸びて、
 お客さんの両肩に触れる様子を
 できるだけリアルに想像する(p45)


・どうやって共通の話題を探るのでしょうか?・・
 「何か、ブラック系の音楽とか聴いてそうなイメージだね・・
 単に「どんな音楽が好き?」と聞くよりは
 ずっと自然です(p133)


・「問題がありますか?」と聞くのではなく、
 「どうしてこんなに素晴らしいのですか?」
 と聞く。すると、「いや、素晴らしいどころか・・
 必ず乗り出して話し始めてくる・・(p116)


・未来の予言をします・・
 システムの不満などいちいち社長のお耳にまで
 届いてはいないでしょうけれど、おそらく現場では
 多少の不満が出始めていると思います・・
 当たったときだけヒットしたと分かる。
 外れることのない予言。(p122)


・友人が「吸ってもいいかな?」といいながら
 タバコを一本ぬき出します。
 あなたは「ああいいよ。
 でも(But)吸いすぎには気をつけろよ」と
 さらっと言います・・
 ここで友人はタバコに火をつけるのをためらい、
 吸うのをやめてしまいます(p143)


・メールを書くときは、
 "相手のメールのスタイルを
 そのまま真似して書けばいい"のです(p151)


なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
石井 裕之
フォレスト出版
売り上げランキング: 8,769

【私の評価】★★★☆☆(79点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第一章 相手の心を操作する危険なテクニック
第二章 誰でもできる!コールドリーディングの基本ステップ
第三章 日常に活かすコールドリーディング
第四章 コールドリーディング上級テクニック


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)