本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?」石井 裕之

本のソムリエ 2008/11/12メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

■組織の中で、出世の階段を登るために、
 最も困難であろうと思われるのは、
 「人間の器」ではないでしょうか。


 知識や経験は努力でなんとかなります。
 しかし、「人間の器」には、
 こうすれば器が大きくなるといった
 答えはないように思われます。


■しかし!
 この本には「人間の器」を大きくするための
 ヒントが書かれてあります。


 その基本は、いわゆる詐欺師やエセ占い師が、
 多くの人を心から信頼させ、
 騙している実践的な手法なのです。


■まず、器の大きい人(カリスマ)を
 観察してみましょう。


 原則を持っている、信念がある、
 余裕がある、バランスが良い、
 堂々としている・・・


 器の大きい人の真似をすることで
 器の大きい人になってくるのが
 人間なのです。


・カリスマに共通することは、「決して不安を口にしない」「不安を微塵も感じさせない」ということです。(p43)


■どうすれば、そうした雰囲気を
 作り出せるのでしょうか?


 人間とは、相手の考えていることを
 察知する能力を持っています。


 ですから、大きなことを言っても
 もし、不安を持っていれば、
 それは相手に伝わってしまうのです。


 ですから、はじめに相手をだます前に
 自分をだます必要があります。
 つまり自己暗示です。


・"はったり"はやがて"本物"になる・・・何かになりたかったら、そのごとく振る舞うこと。行動こそが、最高の自己暗示なのです。(p47)


■やはり、器の大きい人の行動を
 マネすることが、近道なようです。


 よく役職が人を作るといいますが、
 課長として振る舞っているうちに
 課長らしくなってくるのも確かなのでしょう。


 人の器(カリスマ)というわかりにくいものに
 一つのヒントを投げかける一冊だと思いました。
 本の評価としては、★5つとします。


この本で私が共感した名言

・走らないこと(p86)

・やたらにうなずかない。ため込んでからうなずく(p57)


・自分が本当に信じているセリフ、あるいは信じ込めるセリフだけをしゃべること(p75)


・理論的に考えても、最初の自信は「ブラフでなくてはならない」(p132)


・面倒くさい部下と向き合いながら、その部下の「後ろ」で、あなたの愛する人があなたに向かって微笑んでいると想像する(p83)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(90点)



著者紹介

 石井裕之(いしい ひろゆき)・・・1963年生まれ。有限会社オーピーアソシエイツ代表取締役。催眠療法「沢雉会」(たくちかい)を主催し、催眠療法による心の問題のカウンセリング、催眠ノウハウの活用セミナーなどを行っている。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: