「ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ 」ロバート・スティーヴン・カプラン

|

ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ

【私の評価】★★★★☆(81点)


■ハーバード・ビジネススクールのカプラン教授は、
 メンターでありコーチでもある。


 多くのアメリカ人学生、
 ビジネスマンの悩みを聞いてきました。


 アメリカでも、成功とは何なのか、
 自分は何がしたいのか、
 悩んでいる人が多いとわかります。


・私が話した多くの人は、物質的な成功や
 すばらしい肩書きを手に入れたにもかかわらず、
 むなしいと訴えます(p30)


■そして、仕事をしていくなかで、
 完璧な人間はいませんので、
 必ず悩みがある。


 弱点があれば、
 他の人に補ってもらえばいいのですが、
 それには良い人間関係が必要です。


 分からない点は、
 上司や同僚に相談して、
 協力してもらう必要がある。


 それができないと、
 選択肢は転職です。


 アメリカでは
 その職場で出世できないとわかると
 安易に転職する人が多いのでは?
 と感じました。


・これまでに私は、自分の業務に関わる強みが
 一つか二つ程度しかなく、
 弱点をたくさん抱えている人と
 何度も仕事をしました。(p72)


■文化的な差があると感じましたが、

 ・弱点は補ってもらう。

 ・相談したり、自己開示で
  人間関係を深める。

 といった基本は同じだと思いました。


 カプランさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・夢を追いなさいと、
 いつも私を励ましてくれた両親に。(p1)


あなたにとって成功とは?
 ノートに書いてみましょう。(p42)


・借りにあなたにありあまるほどの
 お金があるとしたら、どんな仕事や
 キャリアを追い求めると思いますか?(p92)


・実績を上げるのに絶対不可欠なタスクを
 三つ考えてください。・・・
 勤務時間のうち少なくとも70%はこれらの
 重要なタスクに集中できるよう、
 計画を練りましょう(p155)


・人間関係力を鍛える演習・・・
 ステップ1 あなたの基本情報で、
 相手が知らないことを紙に書きます
 ステップ2 書いた紙をお互いに見せ合います。
 ステップ3 ・・質問を一つ書きます。
 ステップ4 ・・答えてもらいます
 ステップ5 ・・悩みを一つ書きます・・
 ステップ6 ・・その問題をどうしたらいいか、
 相談します(p211)


ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ
ロバート・スティーヴン・カプラン
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 3,825

【私の評価】★★★★☆(81点)



■目次

まえがき――あなたの潜在能力を引き出すために

第1章 あなたが生まれもった使命
――はじめの一歩

第2章 自分の長所と短所を知ろう
――自分の能力は自分で伸ばす

第3章 あなた本当にやりたいこと
――夢をみよう

第4章 自分を理解しよう
――心の声の影響力について

第5章 チャンスを活かす方法
――仕事力とキャリアマネージメント

第6章 〈優秀な人〉と〈一流の人〉の違い
――品格とリーダーシップ

第7章 人間関係の重要性
――すべてを一人でやることはできない

第8章 なりたい自分に近づくために
――それぞれの道を歩む


■目次

第1章 L70とエンゲル係数の呪縛
第2章 ギャップが消費を大幅に押し上げる
第3章 成長のチャンスを見逃していないか
第4章 装いと健康にL70がお金をかけられる理由
第5章 集まるところさえあればL70が日本経済を牽引する


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)