「ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上・下)」マイケル・サンデル

| コメント(0) |

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業〔上〕(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業〔下〕(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

【私の評価】★★★★★(90点)


■ハーバードで2005年に行われた
 マイケル・サンデル教授の白熱教室です。


 サンデル教授の特長は、
 日常にある物事について議論することで
 哲学上の課題を浮かび上がらせることです。


 例えば、高額所得者から
 高い税金を取るのは正しいのか


 税金は富を盗むことだ、と考える人もいるし、
 富の再配分のためには必要と
 考える人もいるのです。


・ノージックは、税金を課すことは所得を取り上げることに
 等しいと言う・・リバタリアンにとっては、
 再配分のための課税は盗みである・・
 課税は道徳的に強制労働に等しい(p102)


■また、「お金」の議論では、

 徴兵制と志願制はどちらがいいのか?
 代理母の契約は成立するのか?

 といった議論が行われます。


 徴兵制は平等なのか、強制なのか


 志願制は、命と金を
 交感しているのではないのか。


 それとも、愛国心の問題なのか。


 いろいろな論点があり、
 考え方によって結論が変わってくるのです。


・南北戦争の間、北軍は兵士を補充するのに・・・
 徴兵によって兵士を採るが、
 招集されても軍隊に行きたくなければ、
 自分の代わりに誰かを雇うことが認められていた。・・・
 これが公平だと思う人、
 南北戦争のシステムに賛成する人は?(p165)


■欧米の人は、ルール、ロジックで
 議論すると言われます。


 つまり屁理屈で勝負する。


 そのために理屈を研究する仕組みが必要であり、
 その一つが哲学だと思いました。


 そして、
 サンデル教授は、生徒の名前と意見を覚え
 議論を仕切っています。


 すごい記憶力だ。


 サンデルさん
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・腹をすかせた家族を養うためにパンを盗むのは
 間違っているかな?・・
 子どもが死なないように必要な薬を盗むことは
 許されるかな?(p118)


・リバタリアニズム[自由原理主義、市場原理主義]・・・
 リバタリアニズムは、個人の自由や所有権を含む権利を
 非常に重要と考える。(p94)


・功利主義は、最大多数のための最大幸福に
 重きを置いているため、
 個人の権利を尊重することができない(p67)


・リスク分析センターが行った費用便益分析では、
 運転中に携帯電話を使うことでもたらせる便益と、
 失われる命の価値はほぼ同じだという結論が出た。・・
 命の価値をドルに換算するのは間違いだとは思わないかな?(p58)


・イチローが学校の先生の400倍稼ぐことの公正さについても
 意見が一致することはなかった。しかし、私たちは議論を始め、
 哲学の大きな考え、三つの違う正義の概念が存在することを
 突きとめることができた(p260)


・会費制の消防会社・・・彼の家が火事になった。
 消防会社の面々はトラックで到着し、家が燃えるのを
 ただ見ていた。・・・家主は火事の現場で契約を
 更新しようとしたが(一同笑)、会社の代表は拒否した。
 備えを怠っておきながら
 後から保険に入ることはできない。(p108)


ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業〔上〕(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マイケル・サンデル
早川書房
売り上げランキング: 17,250

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業〔下〕(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マイケル・サンデル
早川書房
売り上げランキング: 16,372

【私の評価】★★★★★(90点)



■目次

第1回 殺人に正義はあるか
第2回 命に値段をつけられるのか
第3回 「富」は誰のもの?
第4回 この土地は誰のもの?
第5回 お金で買えるもの 買えないもの
第6回 なぜ人を使ってはならないのか
東京大学特別授業―イチローの年俸は高すぎる?


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)