本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「生きるヒント生かせるヒント」邱 永漢

(2014年10月25日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

生きるヒント生かせるヒント―もしもしQさんQさんよ


【私の評価】★★★☆☆(75点)


■邱 永漢さんがホームページに書いていた
 人生のヒントです。


 平成13年に書かれたものですから
 当時はデフレのど真ん中です。


 邱さんに言わせれば、
 消費を増やすためには、
 消費者の心理に火をつければいい。


 押しでダメなら、引いてみろ。
 金利を増やすことや、
 減税を提案しています。


・消費を増やしたかったら、銀行を助けるより消費者を助けることです。金利を下げても効果がないなら反対に少しずつでも上げてみたらどうでしょうか。また消費税を一時的でもいいから下げるか、全免にしたらどうでしょうか(p33)


■しかし、邱さんは、政府がそんなこと
 やれっこないことも知っています。


 どうせ、役人が考えるのは、 
 消費税を上げていくこと。


 見事に大蔵省の動きを
 的中させています。


 つまり政府はあてにならない
 ということです。


・法人税を安くしないと企業が海外に逃げ出して行く方向にありますから、結局は消費税を5%から8%、8%から10%と順次、引き上げて行くことになるでしょう。消費を増やさないと、企業が助からない時代に、消費を抑える政策を打ち出すことになれば、景気が立ち直るどころか、逆効果になることは目に見えています(p144)


■結局、お金は自分で稼ぐしか
 ないようです。


 お金を増やすためには、
 収入を増やして、支出を減らす。


 そして貯まったお金を運用して
 お金を生んでもらう。


 これしかお金を増やす方法は
 ありません。


 邱さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私は毎月、中国大陸に行っています。私が大陸に行って見る大陸と、日本の新聞が報ずる大陸には大きなひらきがあります。どちらを信じたらいいかときかれたら、私はやはり自分の目や耳を信じたいですね(p18)


・「七七歳で死にたい」・・・あっという間にその期限は来てしまいました・・期限を切って目標を定めると、意思の堅い人はそれを実現するために必死の努力をします。結果としては考えたことが実現することになります(p37)


・人間のやる気は学歴とは関係がないと思っている・・・よく気がつくか、裏表なく働くか、人間として誠実であるかどうかの方がずっと大切です(p44)


・時間が足りないと感ずる仕事を見つけよう・・好きなことをやっている時は夢中ですから時間のたつのを忘れてしまいます(p52)


いくらに貸せるかが家の財産価値です・・・万一、自分がその家に住まなくなった時に、他人に貸して同じだけの支払いができるかどうか考えてみる必要があります(p80)


・サラリーマンをやめて成功できる可能性はそんなに多くありません。うまく行けば、サラリーマンをしている時の三倍くらいの収入があるようになりますが、その代わり、10倍以上も働かされます(p160)


・とりわけ旅行に出かける時くらい「金持ち気分で海外旅行」をするに限ります。人生は生きている時間のことですから、思い立った時にすぐやらないとたちまち終わってしまいます。ですから旅行に行きたいと思ったら、すぐに行くことです(p162)


・足で歩いて知らない世界を見てください(p185)


▼引用は下記の書籍からです。

生きるヒント生かせるヒント―もしもしQさんQさんよ
生きるヒント生かせるヒント―もしもしQさんQさんよ
posted with Amazonアソシエイト at 14.10.24
邱 永漢
PHP研究所
売り上げランキング: 887,171


【私の評価】★★★☆☆(75点)


■目次


情報より自分の目を信じましょう
ユニクロ現象が時の流れになります
お金持ちになれる簡単な法則
ない時間をつくるのが贅沢
中国投資視察団を再開します
マイホームは消耗品
サラリーマンも大家さんになれます
サラリーもらっても金持ちにはなれません
農業こそ変革期に来ています
農産物もブランド化の時代です
工業的豊作貧乏の根は深い
レストランは成長産業
二回目の中国視察団を組みました
中国の工業化はいま進行中


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: