本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「銀行とつきあわない法」邱 永漢

(2017年2月14日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行とつきあわない法 (幻冬舎文庫)


【私の評価】★★★☆☆(79点)


■平成13年、バブルが崩壊し、
 発生した不良債権の処理が
 行われいてる時代の書です。


 バブルの時代には
 金を借りてくれと頼んできた銀行が、
 手のひらを返したように
 お金を引き上げる。


 それまではどこの銀行と付き合っても
 同じだったものが、
 銀行を選ぶ時代になったのです。


・同じお金を預けるにしても、いざという時にお金を貸してくれる銀行を選ぶべきだということである・・(p28)


■アメリカで流行っている
 デリバティブに日本の銀行が
 手を出しはじめていることにも
 警鐘を鳴らしています。


 現物を持たない先物取引は、
 予想が当たるか当たらないかの、
 バクチと同じ。


 まじめな銀行員が、
 バクチで勝てるはずが
 ないということです。


・デリバティブ・・先物相場は・・繊維や小豆の先物売買を見てもわかるように・・価格変動の激しい原料を安定した価格で仕入れるために、需要家たちが三カ月先、六カ月先の原料を手当てしたのである・・実物取引をしないで利ザヤだけで勝負をするバクチ場になってしまった(p109)


■当たり前のことを
 当たり前に理解するのが
 邱さんなのだと思いました。


 邱 さんは天国でもきっと
 ビジネスをしているのでしょう。


 邱さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「中小企業の経営者にとって、お金を貸してくれる銀行がよい銀行であって、世間が認める一流の銀行が必ずしもよい銀行ではない」と自分の商売に似合った銀行との取引をすすめたのである(p140)


・貿易黒字によって大量の外貨を稼いだとしても、稼いだドルを担保に円を発行するかわりにドルで保有させ、ドルで投資したり消費することを義務づけたら、日本国内に資産インフレも起こらなかったし、したがってバブルも発生しなかっただろう(p117)


・株価は上場企業の実態を必ずしも反映するものではなくて、むしろ虚構といった方が正しいだろうが、しかし、株式市場でついた値段でいつでも売れるから、それだけの交換価値は持っている・・不動産や美術品に比べても最も換金性に富んだ財産である(p278)


・地価も株価も短期間に上昇しすぎて、銀行から借金したのでは引き合わない時代になっていた。かつて森ビルが大きくなったのは、借金をしてビルを建てて建物を貸したら、保証金だけで土地代と建物代がタダになり、家賃収入が丸儲けになったことが続いたからである・・(p66)


・危ない冒険に銀行はお金を貸したがらない。お金の欲しいベンチャーがお金を貸してもらえないとなれば、あとは冒険の好きな投資家に資金の提供を仰ぐよりほかない(p178)


▼引用は下記の書籍からです。

銀行とつきあわない法 (幻冬舎文庫)
銀行とつきあわない法 (幻冬舎文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 17.02.13
邱 永漢
幻冬舎
売り上げランキング: 966,370


【私の評価】★★★☆☆(79点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 銀行の手口と行動がわかる法
第2章 ドサ回りに堕ちた銀行のあの手この手
第3章 中小企業が銀行取引を考えなおす時
第4章 預金者として正しい銀行の選び方
第5章 銀行に頼らないマネー・プランを


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: