「管理職がしなければならない50のこと」中谷 彰宏

|

管理職がしなければならない50のこと

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■上司の役割とは、
 やはり仕事を変えていくことでしょう。


 仕事をやっている部下の立場では、
 なかなか思い切った提言を言いにくいものです。


 たとえば、新しい仕事を提言したら、
 自分が忙しくなってしまうと思えば、
 提言しようと思ってもなかなかできないでしょう。


・上司は部下よりも過激な考え方を
 持っていないとダメです(p135)


■部下もバカではありませんから、
 自分に有利な発言をします。


 理屈の通った、
 自分が楽になることを言う。


 「これは会社の方針が決まっていませんから、
  いま検討しても無駄になる可能性が高い。
  だから様子をみましょう(=何もしない)」


 確かに理屈は通っているのですが、
 会社の方針が決まっていないからこそ、
 私たちの考えを提言していくべきではないのか。


 そんな無駄なことはしないのが
 頭の良い人なのです。


・「正論ではなく具体案を出せ」と言うのが
 上司の立場です。仕事において
 正論ほど役に立たないものはありません(p98)


■上司としては、部下を説得するのが、
 仕事なのでしょう。


 部下がやらざるをえない説得をする。


 健康クラブのインストラクターのように
 部下を導ければ最高だという。


 信頼と納得。
 それが難しいのですよね。


 中谷さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


変化をつくるのが管理職の役目
 まず自分自身が、変化する(p2)


・目的が何で手段が何ということを常に明快にしながら、
 命令と指示を出していかなくてはいけません(p75)


・「経費節減の徹底」も、何かを言っているようだけれども、
 抽象的で何も言っていない・・・
 「今までタクシーを使っていた営業部は、
 今後は電車を使うように」と言えば、
 最終的には、経費節減の徹底につながります(p81)


・部下に意見を言うチャンスを与えながらも、
 みんなの意見に対して、あくまでも自分はこう思うという
 しっかりした意見をちゃんと持っていて、
 決断を下すのです(p108)


・上司が部下に対して何か命令をした時に、
 それが伝わったかどうかを確認するのは、
 部下の仕事ではなくて、上司の仕事です(p84)


報告は、時期とステップの締め切りをつくる(p92)


・管理職は、部下とトップをつなくだけが仕事ではありません。
 同じ会社でも、別のビルの部署、まったく違う仕事を
 している部署、顔も見たことがない部署はたくさんあります(p49)


・遊ぶことではなく、社員が学べること、
 伸びていくこと、わざを身につけていくこと、
 すべてが福利厚生です(p138)


管理職がしなければならない50のこと
中谷 彰宏
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 795,825

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■目次

ジムの一流インストラクターの5つの法則。
部下の元気は、大混乱から生まれる。
厳しいことでも、明るく叱る。
単発で叱る。過去の失敗と合わせて叱らない。
ヒーリング&エンカレッジメント。
選択肢を与えると、ヤル気を出す。
予算管理とは、事前予算にない経費も支出できるということ。
規則は、縮小解釈ではなく、拡大解釈をする。
マニュアルから外れたところからが、管理識の仕事。
縦の組織を、横のネットワークに変えるのが管理職。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)