「日本と世界はこうなる」日下 公人

| コメント(0) |

日本と世界はこうなる

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■いつも過激な発言の日下さんの一冊です。


 日下さんの発言が過激に見えるのは、
 ある面、事実を話しているから
 なのかもしれません。


 たとえば、以前は、
 「世界はもっと腹黒い」と言われて、
 そうかな~と思う人が多かった。


 しかし、最近では現実の国際社会とは、
 弱肉強食の汚い世界であり、
 金と力と情報を持つものが勝つ世界でもあるのです。


 そういえば、安部総理は
 第二次世界大戦とは本当は何だったのか、
 思い出そうとして叩かれているわけですね。


・私たちは外国人の「腹黒さ」を見せつけられると、
 「その人たちは例外的に腹黒いのだろう」と思うが、
 彼らは、腹黒いほうが正常で当たり前だと思っている。
 それはむしろ賢いことだと思っている(p162)


■日下さんの言いたいことは、

 ○日本は高付加価値を目指すべき

 ○税率よりもスピード(規制緩和)

 ○日本人はもっと働くべき

 など本質的なもの。


 中国に進出して、相手と同じような
 安い製品を売っていては、負けはしませんが、
 強みの強化にはならない。


 さらには、
 社員を人質に取られるリスクも考えれば、
 とても進出する気持ちがわからないということでしょう。


・日本が掲げなければならない国家戦略の目標は、
 中国と違って、数字を拡大するのではなく、
 高品質の創造である・・・
 次から次へと新製品をつくるほうが大事である(p46)


■日本は非常に良い国だと思います。


 その分コストもかかりますが、
 犯罪も少なく、食事もおいしい。


 ぜひ、世界のお金持ちに
 日本に来てほしいと思います。


 日下さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本の税制の何が一番問題かといえば、高いことよりも、
 すべてにおいて遅いことである。・・・一年も待たされたら、
 コストが一割高くなる。だから、許可か不許可か、
 どちらでもいいが「早く決めてくれ」と言う。
 その点、中国は、「賄賂を取るが、決裁が早いからいい」(p56)


・日本やきちんと、「わが国は犯罪も少ない、約束も守る、
 あなたも住んでみればわかるが、住み心地がいいというのは
 コストがかかるんですよ」と説明すればいい(p58)


・融資したり出資したりするカネを持っている国は、
 日本と中国しかない。アメリカは金がないから、
 口を出して威張るだけである。彼らは悪知恵が
 発達しているから、IMF(国際通貨基金)や
 世界銀行をつくって、そこのポストを独占している(p53)


・そろそろ、「いまこそ大減税する」という政治家が
 出てきてもいいと思うが、政治家は官僚と一緒になって
 国家財政の配分を楽しんでいるので、大きな政府になる・・
 まず最初にしなければいけないのは、人数の削減である・・
 しかし、なぜ政治家にそれができないかと言えば、公務員の
 大部分が選挙の下請け機関になっているからである(p80)


・日本以外の国は、借金は踏み倒すのが第一番と
 思っている。真面目に「返そう」と考えるのは、
 まじめな日本人の発想で、そこが他国と全然違う(p67)


・外務省は国益より省益を守っていてさらには
 任期中自分の仕事が楽なようにしているように見える・・・
 国家意識を持った国家公務員が昔はいたが、今はいない。
 原因を考えると、昔は"恩給"と言って死ぬまで
 天皇から下される給料があった・・・
 しかし今は民間人と同じ年金だけになったので、
 在職中に老後のための蓄財や天下りを考えるようになったが、
 これでは国民は大損害をしていると思う。(p145)


日本と世界はこうなる
日下 公人
ワック
売り上げランキング: 489,880

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

第1章 円高はどうなるか
第2章 デフレ対策と成長戦略はこうなる
第3章 日本の財政赤字をどうするか
第4章 少子高齢化にどう対処すべきか
第5章 アメリカは衰退の道を歩む
第6章 日本企業の中国進出にメリットはあるのか
第7章 世界はみんな腹黒い
第8章 「文化の時代」がまたやって来る


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)